福岡旅行 博多編①


この1週間で色んなことがありました。 博多旅行から帰って間もなくして次は東京へ移動。

KING SUPER LIVE 2017という小倉唯、上坂すみれ、水瀬いのりが出演する類を見ないイベントがありまして、

ここは夢か現実か、、、ってくらい楽しい時間を過ごさせてくれましたね。

そんなライブの感想や2/25に大橋彩香さんの大阪ライブにも参加したこと等々、書きたいことは溜まりに溜まっていますが

まずは福岡旅行の記事を書ききらないことにはすっきりしないので、前回の続きを書いていこうと思います( 一一)




博多駅直結のアミュプラザ9階にて。

博多美味しいモノシリーズ第一弾♪

20170307000105392.jpeg

海鮮丼&鯛茶漬けセット ¥1600

う~ん。分かっているのに頼んじゃうんだよなぁ・・・分かっているのに。

魚介を細かく切り刻んでちりばめたタイプの海鮮丼は、見た目に味が及ばずガッカリするということを。

はい、手っ取り早く食事を済ませてホテルへと向かいます。




ホテルでチェックインを済ませ、勢いあるままに福岡を代表する観光地、大宰府へ。

博多から30分程電車に揺られ、太宰府駅で下車すると同時に周囲を飛び交い始める他国言語。

外人の多さは大阪城周辺にも負けず劣らずといった感じでしょうか。

20170307000114bbe.jpeg

本殿へと近づいて行くにつれて活気に包まれていくようで、何とも賑やかな参拝道なことだ。

日本人観光客はカップルというより女の子同士とか中年夫婦とか、何ともほっとしてしまうこの感覚。

学問の神に恋愛成就、関係円満を願いに来る不埒者は菅原道真に呪われてしまえ。

2017030700011690a.jpeg

そんな冗談はさておき、本殿まで辿り着くと、丁度季節的に見頃である梅の花で彩られた紅の社殿があり綺麗な写真が撮れました↓↓

2017030700011539a.jpeg

201703070037296ca.jpeg

う~んこのiphone画質・・・ 

折角一眼持ってきたのに重いからって理由でホテルに置いてきちゃいました(^_^;)

まぁ良いです、今年は飛びっきりの桜を撮りに行くので。。

さて学業にご利益がある大宰府にて、御神牛の頭を撫でながら願ったのは・・・ 意識低い系の僕が精一杯考えた末の目標。

漠然としていて曖昧な祈願を神様は聞き届けてくれるのでしょうか

20170307000115d95.jpeg

参拝からの帰り道では折角なので大宰府名物“梅ヶ枝餅”を食べておくことにします。

梅の入った食べ物には警戒レベル4(噴火レベルで言う避難準備に相当)で臨むくらいの心がけでいるのですが (主に茨城県水戸市偕楽園で食べたクソまず梅団子&梅アイスのせい)

口にしてみると思ってたほど梅の味が強くなく、むしろ普通のあんこかなってレベルで食べやすかったです。

しかし本音は少々味のインパクトに物足りなさを感じて、他の店のも大差ないのか食べ比べてみましたが・・・

201703070037340a1.jpeg

大差ありませんでした(^_^;

最初のお店で中身をケチっていたというわけでは無さそうですね




定石通りの観光も済ませたらいよいよ、博多と言えばの“飲み歩き”の時間です

飲んでは食べては河岸を変えてまた飲んで・・・ これをやるのは成人してからずっとやりたいと思っていたこと。

最初に向かったのは天神にある『楽天地』というもつ鍋専門店

201703070037319e0.jpeg

満足セットと生ビールで乾杯~~^^

20170307003732aec.jpeg

鍋の中には溢れんばかりの野菜と脂ののった肉(モツ)と大量のニンニク、、、 

これは、、、

二郎ラーメンの世界観と通ずるのでは!?

20170307121324531.jpeg

ピリッと辛くニンニクの効いた出汁最高ですね、これは良いわ~(*^_^*)

野菜がすすむし何よりモツで酒がすすむ。

〆のチャンポンも忘れず頂き御馳走様でした

大阪でも定期的にもつ鍋食べに行きたいなぁ。




一軒目にしては満たされすぎた腹をさすりながら、次に足を運んだのは「中州」

“ちょっと大人な雰囲気”とか“屋台の心得”だとか、やたら不安を煽ってくるガイドブックですが

そんなの気にしたら負けである。旅の恥は何とやら。

まぁ大人の街というのも、キャッチャーのお兄さんが「キャバ良いっすよ、おっぱい。」って言ってくるあたり間違いでないと感じさせられますがね。

あそこの街では「おっぱい」が挨拶語のようなので、これから行く人は教養として覚えておいた方が良いです。

そして中州の川沿いに立ち並ぶ屋台に行きつくと、どこもかしこも満席で、何周かうろうろしてようやく入ることができました。

20170307121325508.jpeg

鉄板で焼いた豚や鶏を頬張りつつ、芋焼酎「黒伊佐」を一杯、二杯、三杯と。

普段アル中父のトップバリュー焼酎を更に割って飲んでいる身からすれば、非常に美味に感じられます。

屋台特有の賑やかな雰囲気の飲まれて、酒にも飲まれて、酔いが回る回る。

横に座っていた台湾人の女の子達が、女の子から見て僕とは逆側に座っていたイケメンにめっちゃ話しかけていた。

イケメンは英語が全く分からずしどろもどろしていたが楽しそうであった。

僕に話しかけてくれればもう少しは話せるぞ、金髪美人と話すために不断の英語勉強を怠らない心持だからな。

そう思うだけで何も起こらず店を後にした。




流石にお腹もはち切れそうなので、ラスト一軒にしましょう。

再び天神に戻り、福岡で食べたいラーメンNo.1と銘打つ『Shin Shin』の博多ラーメン。店の前には列が形成されています。

極細麺に王道の豚骨スープを絡めた一品は、、、

20170307121328d6f.jpeg

ごくごくふつ~~~w

酒を飲んだ後なのでもう少し濃いめのラーメンにした方がよかったかな。

それでも一応有名店に行ったという話題になるのでよしとしましょう。

ラーメン屋でまた焼酎を啜ってホテルへと戻りました。

ホテルの展望浴場入って部屋に戻って、、-----そこで記憶が途切れた------

友人談だと冷蔵庫に買って帰ったシュークリームを入れたところでダウンしたらしい。




ということで博多一日目は終了です~ 続きは次の記事で!

福岡旅行 門司・小倉編



5時30分に門司到着。
外に出ても暗くて寒い、上着持ってきてない死。

九州だからあったかいだろう、とかいう浅はかな考えは捨てなければならない。

フェリー乗り場から門司港駅までバスで移動し観光を始めます(=゚ω゚)ノ

かつては国際貿易港として栄えたという門司の街には煉瓦造りのレトロな街並みが残されていました。

⬇️旧大阪商館
2017030215104389f.jpeg

⬇️旧門司税関
2017030215105061e.jpeg

⬇️国際友好記念図書館
2017030215105346f.jpeg

早朝の静かな町の中でひっそりと佇む洋館の雰囲気。

その洋館の後方に広がるのは山口との境目、関門海峡⬇️
201703021510452b6.jpeg

向こう岸の下関には海底トンネルを歩いて1時間ほどで行けるそうですね。

あるいは連絡船も出ているとか。

時間があれば下関にいってフグとか食べたかったなぁ。

そして朝8時くらいになると人の少ない門司港駅とはいえ、流石に開店し始めるカフェなどのお店があり、

冷えた体を温めるためにもこじんまりとした、老夫婦が営むカフェに入ることにしました。

お洒落な店内の雰囲気、平日の早朝、老夫婦も想像してなかったでしょうね。僕たちが頼んだのは“焼きカレー”

20170302151336cc7.jpeg

門司の名物と言うのだから時間帯なんて気にしている余裕はないでしょ!

スープカレーの中に煮込んだ米が入っていて、上に乗っているのは卵とチーズ。想像以上の絶品でした。

お店を営むおばあちゃん「門司で昨晩泊まってたの?」
僕「今日来ました」
おばあちゃん「やっぱりね〜フェリー降り場から遠かったでしょう」

みたいな会話もあってほっこりできるひとときでした。

ここ門司港から博多方面の電車に乗り込み次の目的地に向かいます。

博多までは1時間半ほどかかるのですが、途中の小倉で下車することにしました。

小倉にあるのは何と言っても“小倉城”

20170302151339cb1.jpeg

あと一ヶ月遅かったら桜が咲いてきれかっただろうに。。

小倉城は江戸時代小笠原氏に築城&使用されたらしく、徳川の命を受けて九州の監視役を司り、島原天草一揆に対してもここから兵を出したとか。

キリスト教信者が多く住まわった小倉の街から討伐隊を出す心境は如何に複雑だったでしょうか。

さて小倉も観光したことですし、いよいよ今旅の目的地、博多を目指すことにします。
【続く】

福岡旅行 出発編


旅、なうです。

今回は旅行しながら日記を更新というスタイルに挑戦してみようと思います。

前々から言ってた福岡旅行の1日目で、大阪から福岡まではフェリーというものを用いることにしてみました。

20170301070410856.jpeg

人生初の船旅、しかもいきなり夜行だなんて挑戦しすぎではないか?

そう思って船内に足を踏み入れると、想像以上にしっかりとした設備にまず驚き。

広々としたラウンジがあって、売店があって、レストランがあって、トイレにはウォシュレットが付いていて、大浴場まで完備。完璧👌

交通費はなるだけケチりたかったので大部屋にしたのですが

20170301070507cf2.jpeg

まぁしっかりと区切られていて良い感じですね。

しかもそこまで乗船率が高いわけでもないため、大部屋といえど半貸切状態で全く他人を気にすることなく寛げました。

これで福岡までいくらだと思いますか??

なんと、4900円!!

やっすwって感じですよね〜〜 これから移動手段の1つとして積極的に活用していきたいところです。

さて出航して船内も一周しましたし、甲板にでも出てみることにしましょう。

20170301070412984.jpeg

おっと、風強いな、そして寒いな…

20170301070414f6a.jpeg

201703010704157d5.jpeg

ただやはり、瀬戸内海を行く船上から見る景色は美しく、

夕日に照らされた海面や、前方遠くに見える淡路島の更に向こうに沈んでいく太陽を眺めながら、“あぁ旅してる”という感覚を存分に味わって静かなる感慨にふけました。

201703010705107b3.jpeg

明石海峡大橋の下を潜り抜けるクルージングにも興奮。

船旅ありだな〜〜ありすぎる。

長時間海風にさらされたため、流石に体も冷えました。

船内に戻って腹をこしらえましょう。

売店でカップ麺(トムヤムクンヌードル)(美味い)とセイクを買って祝杯。

20170301070507ba1.jpeg

食後はそのままラウンジで侍JAPANを観戦し、周りのおばちゃん達とも談笑して楽しい時間を過ごすことができました。

時間がゆっくりと流れるような気がするこの空間、本当に良き哉☺️

春休みアニメ視聴計画

こんばんは、話を唐突に始めますが何とかフレンズってアニメの伸びがなかなか止まりませんね。

前回記事で少し触れてから、僕のTLも少しずつそれに蝕まれていっており大変不愉快この上ないです。

(※軽く愚痴る程度に書き始めましたが、思ったより攻撃的な文章になってしまったので推してる方は読まないでください)

とまでは流石に思っていないのですがw 僕が許せないのは普段アニメに興味ない人がけものフレンズの流行に乗ってきたり

あるいはそれほどアニメを見ているわけではないけど流行っているから見てみようという人だったり・・・・・・ではありません。

流行に乗ること自体別に悪いことでもないですしね。

ただ普段偉そうに論理立ててアニメを批判したりしているくせに、流行にはきっちり流されてクソアニメを持ち上げている人には本当にイライラする。

そういう人に限って僕が好きなアニメにケチをつけたりしてくるものだから尚更である。

20170224011938bb9.jpeg

さてこのようにけものフレンズを目の叩きにする僕のような人に対して、支持側のオタクはこう言うかもしれない。

「人間が絶滅してしまった後、けものフレンズが助け合い、現代人が見失ってしまった何かを与えてくれる。この世界観の良さが理解できないとか可哀想だ」と。

しかし履き違えてはいけないのがテーマの良さとシナリオの完成度は別物だということだ。

いくら協調性に心をうたれるという理由で擁護したところで、ストーリーの質が低いことに変わりない。

幼児向けの絵本を深夜枠で垂れ流しているといってどうして反論されることがあろうかといったところである。

更に言えば、反対派は決してシナリオを掻い摘んで叩いているわけではない。

そもそも作品としてのクオリティが人に見せるレベルに到達していないではないか。

20170224012342b3e.jpeg

このような批判に対してまたしても擁護派は次のような的外れな返答をするかもしれない。

「円盤も急激に売れて、今では在庫切れにすらなっている。売れれば正義、制作クオリティなど関係ない。」と。

売上は確かにアニメを評価するうえで唯一と言って良い、数字という客観的に評価できる指標を提示してくれるわけであるが

完全に信頼できるものとも言い難いのは周知の事実である。

流行に流されて作品を本質的に評価する視点を失って購入されるようなBDの価値は確実と言っていいほど1年後には下落している。

ブームが過ぎた時に2万円も出してこの作品を買おうと思いますか?思うはずがないですよね。

なぜなら今買いたいと思うその感情はいわば“ノリ”であって、話題になっているものに対してお金を費やす自己アピールなのであって

自分の価値観で自分の意志でこの作品が良いと思って買うという消費行動とは異なるからである。

良い作品ならそうはならない。続編が決まった等の特別な時期でなくても、久しぶりに見直したいなと思って一人ひっそりと購入ボタンをポチるのが普通の感覚でしょう。

つまるところ、けものフレンズは形骸的な流行にすぎないし、近いうちにけものバブルが弾けるのは明白なところだ。

20170224011936d81.jpeg

けものフレンズに関するネタツイを必死に考える者、動物園に行ってコスプレ写真を上げる者、ありもしない裏設定を必死に考察する者、必要以上に動画にコメントを残して再生数を伸ばして盛り上げようとする者、

結局彼らが何をしたいかなんていちいち説明するまでもなく分かること。

ただの消費豚であることを辞めたいのだ。

何かしらの形で、何が何でも作品に自分という存在を関与させたいのである。

だからあえて介入の余地のある、制作レベルの低い作品を選ぶ。これは腐女子の間で『おそ松さん』が流行った原因と同一でありましょう。

201702240119397f2.jpeg

作品とつながりたいという内なる欲求を否定する気は無いし、それを否定してしまえば同人も聖地巡礼も乏しめるブーメランになってしまうのは分かりきったこと。

しかしこの動機の不純さが気に入らない。更におそ松さんよりたちの悪いのは、それを本人達が気づかずにもてはやし騒いでいることである。

けものフレンズの感想に“退廃的な世界観”という言葉を目にしたことがあるが、退廃的の意味がおかしいと思う。

むしろこの作品によって今の大半のオタクが退廃的な風潮生み出していることがはっきりと浮き彫りになったのではないでしょうか。




ごめんなさい、冒頭が長くなりすぎました(笑)

最初は3文程度で軽く愚痴っただけだったのですが、記事を数日寝かせて手直しする際にストレスが溜まっていて、、その後はもう思うがままに・・・笑

さて、何とかフレンズの話はもういいので本題に入って行きます、春に見ようと思っているアニメについてです

まずは去年の過去作見直し状況を下記にまとめてみました↓↓

20170221220434099.jpeg

凪あす、ガルパン、ひぐらし、ヤマノススメ、クロワーゼ、ごちうさ等、聖地巡礼に合わせて視聴するというのが多かった感じです。

201702240121283ab.jpeg

そして今年はというと、、そもそも現在冬アニメで見るものが無さ過ぎるので

放送中の作品を5作ほどに抑えて、あとは適宜過去作で補強していくのが良さそうですね。

既にを本編から阿知賀編、全国編まで見直したのと

BDで購入したSHIROBAKOを少しずつ、勿体ぶって見ていっている状況。

201702240121253e9.jpeg

そしてまだ途中ですがキンスパに合わせてViVid strikeも見直していますが案外面白くて驚きました。

とはいえ作画演出面には文句を言いたい部分が多々あり、良作とまでは言い難いですが。

リンネちゃんの過去回想とヴィヴィオちゃん戦は気付けば見入ってしまっていて、腐ってもなのはシリーズだなと感心してしまいました。

2017022401194038c.jpeg

彼女の活躍はやはり前作の『魔法少女リリカルなのはViVid』を見た方が色々と湧きあがる想いがあるものなのでしょうか。

詳しい人教えて下さい(>_<)

これらを見終わった後は大きく分けて二つの方向性でアニメを見たいと思っていて、

一つは自分が見始めた頃放送していた作品を見て、当時の新鮮な気持ちをもう一度思い出して感慨にふけたいというもの。

何となくですがバカテスとかけいおんあたりの雰囲気をもう一回見て確かめたいんですよね~

2017022401212947b.jpeg

二つ目はまだ見ていない名作を見ていこうという流れ。

ARIAの2期、ひだまりスケッチたまゆらあたりが今のところの候補ですが、、

20170224012127def.jpeg

日常モノしかないですね(^_^;)

アクション、シリアスその他もろもろは大体一通り見てしまっていて、、、

まだ僕が見ていなさそうなアニメでオススメしてくださるのがあれば是非教えて下さい。

あと、この春休み中こそ!

トップページににリンクを貼っている(長らく非公開)、アニメランキング(総合版)を頑張ってお見せできる形に仕上げたいと思います。

何度か“早く公開しろ”との嬉しいお言葉を頂いているので、なるべく早く完成させられるように早速作業を再開していく予定です!

それでは今回の記事はこのへんで、おやすみなせ~~

2017年 冬アニメ キャラランキング

タイトルと話違いですが、花澤香菜さんに文春砲が着弾しましたね!

あまりダメージを受けているオタクがいないことから、もう中堅声優には結婚して欲しいとファンも思っているということでしょうか。

田村ゆかりさんみたいに拗らしたおばさんになられても如何とも言い難いですし・・・

僕は水瀬いのりに今彼氏スクープが来たら確実に死んでしまうと思います。

あと5年はそのような訃報(間接的にオタクが死ぬという意味で)が無いことを願うばかりです(-_-)




それでは今期のアニメキャラランキングを発表します~

5位 アツコ・カガリ
20170219213542665.jpeg


4位 ガヴリール
20170219213610099.jpeg


3位 市ヶ谷有咲
2017021921361091c.jpeg


2位 アクア
20170219213542c39.jpeg


1位 小岩井吉乃

20170219213613a8e.jpeg


はい、そもそも視聴アニメが少なすぎてランキングにするほど好きなキャラがいませんでした・・・

ガヴリールドロップアウトはヴィーネちゃんとラフィエルちゃん<ガヴ

バンドリは今のところ有咲ちゃんの一強、強がってるけど寂しがり屋なところが本当可愛い。

キャラデザが安定しないこのすばからもアクアちゃんを選出、まさに雨宮天のはまり役。作画さえ良ければ確実に1位にしていたというくらいキャラの個性が立っていて好き。

そして最後に吉乃ちゃん。寧子ちゃんが台頭してくるかと思いきや、結局吉乃ちゃんの黒キャラっぷりに惹かれちゃう感じ。

他のキャラと違って簡単に男にデレない尻重さも良い。このキャラがデレた時はどうなってしまうのだろうか・・・

それにしても声が可愛いですね、、誰が演技してるんだろう、、、本当可愛いなー(棒)




最近オタクの先輩や同期と飲み会した時に僕が「正宗くん面白いですよ~w」って言ったら

それ絶対声優補正やんと滅多打ちにされました。

確かに僕は最近声豚にほんの少しなりつつあるという自覚はあります。そしてキャラの好みにも中の人が多少影響することも認めざるを得ません。

しかし出演声優だけでアニメの良さを見間違えるような節穴になったつもりはありません。

声優はアニメの宣伝効果にはなるがアニメの良さを左右しないというのが長年このブログでも話し続けてきたことで

そのスタンスはこれからも曲げずに守り続けていきたい所存であります( ̄^ ̄)ゞ

雑記


ようやく4セメの期末テストが終わりました~~(*^_^*)

大学生二回目の春休み突入です。もう折り返し地点になると思ったら、残りの学生生活を大事に過ごして行きたいですね。

はぁ~働きたくないし、大学院行きたい。僕に経済学への適性さえあれば確実に院行くのに。。

さて今日のブログは“雑記”と書きましたが、ほとんど巨人春季キャンプについてです。

巨人のブレイクしそうな選手を紹介したり、WBCでの見所を紹介したりという野球記事もちょこちょこ織り交ぜていこうと思うので

野球民の方は良ければ見ていってやってください><

野球記事を書きはじめる前に1つだけ、聖地画像の新作作りました!

20170215013521a7a.jpeg

元の画像はバックがビッグベンなのですが、カレン&アリスの地元サイレンセスターにある教会に差し替えました~

聖地巡礼したアニメはこのようなオリジナル画像を作っていきたいですね。(前アップしたガルパンやごちうさのは割と自信作)




【一軍 35名】
◆投手(16名)
森福允彦、澤村拓一、菅野智之、マシソン、吉川光夫、内海哲也、宮國椋丞、桜井俊貴田原誠次マイコラスカミネロ、山口鉄也、戸根千明、高木勇人、乾真大、田口麗斗
◆捕手(3名)
小林誠司、實松一成、宇佐見真吾
◆内野手(10名)
坂本勇人、阿部慎之助クルーズ、村田修一、マギー岡本和真、山本泰寛、柿澤貴裕、辻東倫、吉川大幾
◆外野手(6名)
陽岱鋼、ギャレット、長野久義、重信慎之介、石川慎吾、立岡宗一郎


今年の1軍キャンプには悲しいことにドラフト新加入の選手が一人もいません・・・

本当に戦略部門がクソなのだと思いますが、代わりにキャンプ中話題になったのは『外国人四枠』について。

今年の外国人枠は近年稀に見る激戦で選ぶ方も頭が痛いくらいだと思います。

キャンプが始まった当初はギャレット、カミネロ、マイコラス、マシソンで当確だと主張する解説者が多かった。

では第三クールを終えてどうか。

嬉しいことに、そして余計悩ましいことに全選手素晴らしいコンディションできていると・・・

ギャレットはチームで一番バットが振れているし、マギーは紅白戦で守備も打撃もピカイチ、クルーズもやはり守備の良さと鋭い打球を見れば他球団なら余裕でレギュラーだと感じさせる。

20170215013524cb0.jpeg

マイコラスは契約最終年ということもあってサボらず完璧に調整できていて、マシソンは例年通りの仕上がり。

20170215013525041.jpeg

そして昨年メジャーで50登板防御率3点中盤の成績を残した最速164km右腕、カミネロは評判通りこの時期とは思えない速さのツーシームを投げていてコントロールもマシソンと同等。

201702150135236ea.jpeg

この中から誰を選べというのか・・・皆さんが監督なら誰を選びますか・・・

僕は編成上一番にマギーをクリンナップに固定させるべきだと思います。4番サードで。

村田と契約延長した意味?それはサードが弱点の横浜阪神に移籍されないだけで十分、つまり飼い殺しになっても仕方ないかと。

マギーのクラッチヒッターぶりは健在で、今の巨人にどう考えても一番必要なタイプの打者です。絶対にマギーは確定、2軍に送って開幕から貧打線を見せられようものなら首脳陣叩きまくるぞ。

20170215013527db0.jpeg

次に確定させるべき選手はマイコラスとマシソンでしょうね~。

マイコラスは前述の通りサボらないマイコラスなので非常に良い、一昨年の防御率1点台13勝3敗レベルの成績を間違いなく残してくるでしょう。

そしてマシソンもこれだけ長年安定しているとまず外すという選択肢がないでしょうね。

そして残り一枠はというと、現実的にあり得ないと思いますがカミネロを落としてギャレットをクリンナップで使いたいところです。

カミネロも非常に良い球を投げていますが今年のブルペンは非常に充実していて二人も外人枠を使う必要が微塵もない。

それよりかは今年よくバットを振れていて日本球界にも慣れたであろうギャレットに.280 30 80くらいの成績を期待し、スタメンで使うべきだと思いますね!

他にも巨人キャンプで語りたいことは山ほどありますが、今回は外人編ということにして続きはまた次回にすることにしますヽ( ´_`)丿

けものフレンズ


質の低い内容も無い作品を持ち上げて、深読みする自分に酔いしれたり、狂気じみた信仰を装って特異な集団の一員になったつもりでいて、結局流行に流されているだけの浅はかなオタクであることを自覚していない人達な。

as.png
プロフィール

ミサカ☆

Author:ミサカ☆
出身:大阪
職業:大学生
趣味:アニメ 野球 遊戯王等

・最近はまっているアニメ・・・凪のあすから、SHIROBAKO、冴えない彼女の育て方、俺ガイル、きんモザ

・遊戯王
最近中学生ぶりに復帰しました!
遊戯王復帰日記という新テーマ記事も書いています☆

・その他の趣味
モンハン&ポケモンがそこそこ、麻雀は好きだけど上手くないw
ピアノは15年くらいやっていますが、その割に下手ε-(´∀`; )

アクセス数
・・
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

星に願いを・・・

~MATOのgdgdブログ戦線~

MyPACE(旧あきみずブログⅡ)

Feel My Soul

Aiuto!の穴

ポケモンにはまったCHAa3の「厨と言わないで!」

大安な生活

武士道とは・・・

カキさんの面白いものを探し隊

The Blind Side

オタク仲間を作り隊

香港で遊戯王をするツワモノ

誰が為に鍵は威張る

とびひざ外れるので重力してから打ちまーすwww

ストロベリーパーティー~ただしイケメンにかぎる~

こちらポケモン研究所 第一支部

気の向くままに~?

まひろくのだらだら日記!

ななはなの日常

宮廷アリス

ノワールのポケモンブログ

ぜっとん・ワールド

ゲーム好きらふぁの日々迷走ブログ

錐重が切り絵しておりますル

日和の日々

★ Supaku Blog ★

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

着々とポケモン日記

プレミはなかった

やってらんね~ぜっ

どうでも良い一日 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR