FC2ブログ

バイクで九州一周ツーリング②~熊本・鹿児島・宮崎編~

自走で九州までやってきた疲労感も3日目の朝にはすっかり癒され、今日も快晴の下ツーリングを始めて行きます(*´ω`)┛


2017092618192834c.jpg


9時半頃嬉野温泉を出発し、佐賀→福岡→熊本とひたすら高速を走って12時頃に熊本市内に到着しました


さっらと書いてますがこの過程がめちゃくちゃしんどくて、、


というのも九州の高速は一車線区間が長い=すぐ詰まるんですよ。


ライダーにとってノロノロ走る高速は拷問でしかない


車と違って日光に直接晒されるし、音楽を聴きながら運転なんて暇つぶしもできず、


だからといってぼ~っとしてたら事故って死にますから。


バイクとはなんて不条理な乗り物なんだ・・・


40c8cc00.jpg


そんな愚痴はぐっと飲み込み、ゆっくり熊本観光して回復することにしましょう。。


バイクを停めて熊本城に向かったところ、、、


城壁が崩壊してますね。


2017092618193082e.jpg


震災で熊本城が被害を受けたことは勿論知っていましたが、天守閣の方へと目をやると


工事の足場とシートに囲まれた熊本城が。


入ることはおろか遠目に眺めることも出来ない状態だったとは。


こればっかしは仕方がないけど、3日目幸先悪いなぁ(´・_・`)


美味いモノ食べて、悪い流れを断ち切りますか!(`・ω・´)



メシだけは絶対に外すわけにいかない局面で、ネットの評価がやたらと高かった『菅乃屋』という馬肉専門店に向かいました。


キャプチャ


暖簾をくぐると僕達は悟ります。「これは場違いなお店だw」と。


接客も客層も店の雰囲気全体が如何にも高そうな料亭のような場所。


とは言え引き下がるわけにもいかないので、馴染まないカジュアル服装で乗り込んでしまいました。


旅中なんです、許してください、、、、(つД`)ノ


しかしメニューを開いたらランチ用のリーズナブルなコースもあり、\3000ほどで↓の豪華な馬料理が出てきました。


2017092618193090b.jpg


白いのが馬のたてがみらしいです。脂が多く絶品。

20170926204554603.jpg

熊本の馬刺しは全く臭みがないどころか旨みが強く、口に入れた時の感触はなめらか。

天ぷらには歯ごたえのある肉部分を使用しているのも非常に美味しかったし、寿司に関しては“”という霜降りのような部位が絶品でした。

20170926204555f91.jpg


腹が膨れ、完全に英気も養われたので移動開始


まだ目的地一か所目にして14時過ぎちゃってるよ。。。巻きで行かなきゃ最後に死ぬ(確信)





当初は予定を詰め込みすぎても疲れるので、大隅半島を南下し、対岸から島を眺めて引き返すつもりでした。


しかし、17時半。僕達が位置しているのはここ↓↓

20170926184448b8e.png


どうしてこうなったw


高速の乗継をミスった結果、全く逆の半島に来てしまったのです(´д⊂)


もうここまできたら前進するしかないでしょう。。。


20170926215250a54.jpg


半島のフェリーターミナルからバイクを船に乗せて桜島へ。


20170926185040e5e.jpg

20170926185041700.jpg


既に日が沈みかけ、辺りが次第に暗くなっていく中、足湯公園に向かいました。


この場所は中学の修学旅行の時、鹿児島に来てバスツアー中ひたすら爆睡していたら


ガイドだか先生だかに叩き起こされてしぶしぶ浸かった足湯と同じところだ。


20170926185043919.jpg


あの時と今、足を浸けている時の心持は言わずもがな全く違う。


20170926185452893.jpg



夕日が完全に沈むのを見届けたら、うっすら積もった灰と何故か湿った路面に怯えながら、逆の半島に抜け


そのまま宿泊予定の霧島まで帰りました。


20170926185545f61.jpg





この日の宿は『霧島観光ホテル』というそれなりに立派なホテル。


「南館には○○大浴場、北館には△△大浴場、本館には□□大浴場がありまして、○○は夜24時まで、△△は・・・」


と長々と説明してくださる受付ですが、もう疲れてそれどころじゃないw


一日先導してくれて疲労困憊の友人は完全に上の空だな。


鍵を渡され部屋に入った瞬間、案の定ベッドに倒れ込み動かなくなる友人を尻目に


一人で霧島の湯を満喫してくるとしますか。


img_kaede01.jpg


大浴場には僕ともう一人色白男がいて、そこに別の酔っ払いおじさんが入ってきたのですが


酔っぱらったノリに巻き込まれ三人で1時間ほど談笑タイムに突入してしまいましたw


東京の院生だと語る色白若者が物腰柔らかく対応していて、できる奴臭がプンプンする。


ようやくおじさんから解放され、「大変でしたねぇ~w」なんて会話を交わしながら脱衣所を出たら、


その院生を待つ彼女さんが立っていました。


かたや長風呂の彼氏を健気に待つ女の子、かたや部屋で鼾をかきながら爆睡するむさくるしい男。


どこで差が付いたのか。前世に戻って徳をつみ直したい。。。


僕は、もう、居た堪れない気持ちになり、部屋に戻って枕を濡らしながら就寝したという三日目の晩の話でした。


3日目の移動距離

20170926203751a74.png





~四日目~


この日は全日程で最もハードな活動が予想される一日で、朝7時過ぎには動きだしました。


朝の静謐な空気を感じながら、湯気の湧き上がる霧島を見下ろし一枚↓↓


201709262039535b0.jpg


最初に向かったのは“霧島神宮”という由緒正しき神社。


20170926203957c46.jpg


島津氏と深い関わりの歴史を持ち、坂本龍馬が日本人で初めて新婚旅行をした際にやってきた地でもあるとのこと。

実際境内は荘厳な雰囲気で、歩いているだけで心身が浄化されるような気がしました。

20170926204619fcf.jpg


さて朝の参拝を済ませたら、いよいよ九州ツーリングに欠かすとのできない名所『佐多岬』に向かいます(^-^)/


佐多岬までの道程は早々に高速が途切れ、ひたすら下道。


しかも南下するにつれて、次第に道が険しさを増し、最後なんて急カーブ連続の峠道でした。


ただライダーにとってこのような山道はむしろ大好物(。-_-。)


熟達した運転スキルの友人を追いかけているだけで楽しくて仕方ない。


気が付けば、膝を出せば擦れそうなくらいまでバイクをバンクさせ、完全にワインディングに夢中になっていました



道の駅『根占』での休憩もはさみ↓

20170926204618f2d.jpg

道中の綺麗な海を眺めて↓

2017092620582878c.jpg

2017092621012153b.jpg



12時過ぎにようやく、本土最南端佐多岬に到着しました~~~~!!

20170926215241b92.jpg

2017092621083740b.jpg

達成感が満ち満ちてくる。。

20170926210838711.jpg


展望台にて、いかつい大型バイクツーリングのおじさん集団(関西ナンバー)にも遭遇↓↓

201709262108407e4.jpg

CB1300 SUPER BOLD'ORのバイク)かっこいいなぁ欲しいなぁ・・・


佐多岬はばくおんの漫画にも出てきた所で、早く僕もこれがやりたい↓↓

20170926215243bb8.jpg


来年は絶対北海道に行こうと誓って、佐多岬を後にしました。


ちなみに近くのホテルでは↓のような到達証明書を発行して貰えます。

20170926215246993.jpg

本名記入欄に『鈴乃木凛』って書いてるオタクがいたんですが流石に限界すぎませんか・・・






佐多岬からバイクを走らせること2時間半。


次は宮崎の南端にある“都井岬”に到着しました。

2017092621225356a.jpg

なかなかバイクや車が無ければアクセスが不便な場所なのですが、ここ都井岬は宮崎の穴場観光名所。


岬からの展望は勿論、『日本の灯台50選』に選ばれる真っ白な灯台と、


更にこの場所にしかない見所というのが


野生の馬


です。


本当に野生で馬が生息しているのです。そんなばかなぁって思うじゃん? 山道走ってるじゃん? 普通に馬が草食べてるんですよww

201709262122560f6.jpg

興奮してバイクを寄せて記念撮影してもらっちゃいました。

20170926212255c39.jpg


天然の馬とツーショット決められる場所なんてなかなかありませんし、興味のある方は是非佐多岬を訪れてみてください^^


その後海岸線を北上していく際に走ったのが、九州の名道『日南フェニックスロード』です。

20170926212256072.jpg

201709262122572cf.jpg


海を見下ろしながら走る気持ちよさと

2017092621244370c.jpg

ヤシの木に挟まれて真っ直ぐ続く直線。

20170926215240f48.jpg

20170926212446611.jpg

20170926212442c93.jpg

その雰囲気はまさに南国で、他の道路とは一線を画すオリジナリティをもった道路でしたね


日南からひたすら海沿いを走り、日が暮れたあたりで『道の駅フェニックス』にて休憩していると


ハーレー乗りのおっさんに絡まれました↓

20170926212445cd8.jpg


ま~~ったく何を言っているのか分からないレベルの方言だったので、ひたすら苦笑いしてその場を凌ぐ僕と友人(^_^;)


カタナに乗ってるとおっさんによく話しかけられる、ってのは本当なんですね(笑)


この旅に限定しても既に三回話しかけられてるよ。


僕はカタナに並々ならぬ信念や憧れを抱いて乗り始めたのではないことは、もちろん皆さん周知のことだと思いますが


カタナ乗りってバイクに拘りをもって走っている偏屈な人が多いイメージなので、それで話しかけられると返せる知識がなくて困るんですよ。。


あ、あ、凛ちゃん・・・


しか言えないオタクなので。未だにカタナの250と400と750と1100の違いも分からず、友人に馬鹿にされてます。
DJSjGpQUIAEK4fZ.jpg

250はマフラーを見れば分かる
400はエンジンを見れば分かる
750は峠で燃えてれば分かる
1100はライダーのドヤ顔を見れば分かる

って名言すこだ。


話が逸れましたが、、


日南フェニックスロードを気持ちよく走り北上していけば、自然と宮崎市内に到着。


朝7時に出発した4日目の旅も、ここまで辿り着いた時にはもう20時前でした。


今日も今日とて本当に疲れたので、美味いもんくって休むとしましょう。


この日は居酒屋に行って、地鶏の炭火焼きとチキン南蛮、地鶏のタタキ等を頬張り、豪華絢爛な晩餐を楽しみました。

20170926214243ea4.jpg
201709262142470ec.jpg
20170926214245bb1.jpg


あかん、宮崎の地鶏、美味すぎて涙が出てきた・・・


歯ごたえも味も全然違うし、今旅でも最も美味しい料理かもしれないです。


宮崎って意外と見所あるんだんぁ、、ちょっと前までは巨人のキャンプ地としてしか見てなかったよ。。


明日にはまだ宮崎の名所を周って行く予定なので、早くホテルに戻って休むとしましょう。


この日も夜遊びせず、24時くらいには就寝する健全っぷりを披露し、一日を締めくくりましたヾ(・∀・)ノ


次回は阿蘇高千穂など、九州随一のツーリングスポットを巡って行きますのでお楽しみに!





4日目の移動距離
2017092622012505b.png


3日目・4日目の出費 ¥34000 (1~4日目合計¥83000)
高速代 ¥4000
ガソリン代 ¥6800
食費 ¥12000
宿泊費 ¥9700
その他 ¥1500

バイクで九州一周旅行①~福岡&長崎&佐賀編~


twitterの方で事細かく呟いたりチェックインしたりしていたので、旅の全容は改めて話すまでもないと思いますが、、


バイク歴三ヶ月にして、とうとう初めてのロングツーリング、九州一周旅行に行って参りました~~


しかも、フェリーでバイクを持って行くあるいはレンタルバイクを利用する等といった“甘っちょろい”計画ではなく


自走で九州


それでは出発のところから旅の思い出を書き綴って行こうと思いますヽ( ´_`)丿


20170919103841f9e.jpg





今回のバイク旅も隼乗りの友人と行って参りました。
(そもそも他にバイク友達と言える人がほとんどいない・・・)


西宮名塩SAで待ち合わせ。当初8時集合の予定が、実際集まったのは12時を過ぎる頃でしたw

20170919104104a3b.png


友人のバイクのタイヤが直前に逝ってしまい、修理に手間取っていたのだ。(と言いつつ自分も直前のライブ&夜行バス疲れで爆睡していたのは内緒)


ま、まぁ?まだまだ時間あるし、こっから本気出せば余裕っしょ??


龍野西SA福山SAと小刻みに休憩を挟み、宮島SAに着いた時はもう18時を過ぎ。。


201709191047087ed.png



う~ん、まだ半分とちょっとでこの疲労感・・・ 大丈夫かこれ??


と不安に思いつつも、やはりバイクで走るというのは楽しいもので、少し休んで走り出せばまた元気にスロットルを回せる。


下松王司とPA休憩を挟み、下関に着いた時にはもう勝ったも同然。

20170919104946a3b.png


関門海峡を渡りきった時、「自走の達成感は凄いだろ?」と言わんばかりに友人が左拳をあげていました。


この時自分は辿り着いた感動というより、


ただただ夜のライトアップされた吊り橋は綺麗だな~と平常心のまま眺めていた記憶。




そして22時過ぎ、何とか目的地福岡天神アークロイヤルホテルに到着しました~~~(* ´ ▽ ` *)

201709191054226e5.jpg


今年三回目の九州、されどバイクで来たのはもちろん初めて。


つい前まで飛行機できて徒歩で周っていた地を愛車で走るのは何とも言えない不思議な感覚。


流石に高揚感が心の内から湧き上がってくる。


この日はバイクを駐車場に止めて、楽天地というお店にもつ鍋を食べに行きました。

20170919105422422.jpg


自走で600km走った後の飯ほど美味いものはない。空腹と疲労こそが最高の調味料である。


調子に乗って、一番ボリューム満載のコースにしてにも関わらず、追加でもつを頼んでは食べ放題の麺を胃に貯めこんで、


動けなくなるまで食べました。(ついでに言うとこの時の胸焼けが翌日の昼過ぎまで続きました;)


食後、天神ゆめの華という健康ランドにタクシーで移動し、風呂に浸かって疲れを取って、


休憩コーナーに倒れ込んだところで意識が途切れ、、、


次に目が覚めたのは深夜3時、蛍の光が流れている時でしたとさ。






~二日目~

温泉入って、ストレッチした甲斐あり、全回復の目覚め!!


というはずもなく、普通に首痛、肩こり、足の筋肉痛を抱えた二日目の旅が始まりますw


まず向かったのは『太宰府天満宮


博多からバイクでちょちょいのちょいの距離。


大宰府では半年前にきちんとお参りしたので、とりあえず神様に挨拶だけしておきました。

20170919110106983.jpg


何故か体調全回復で軽快に歩みを進める相方に連れられ、炎天下の下、表参道を歩いていた時には軽くふらついてました。


そんな中お土産屋にて、博多お馴染みの『にわか』キーホルダーを発見したので逃さず購入↓↓


ばくおんノルマ一つ目クリアです

2017091911050045c.jpg

201709192325105ea.jpg





大宰府の次はもう福岡を出てしまって、長崎の佐世保を目指します。


14時頃昼飯を食べようと佐賀の金立SAに立ち寄りましたが、まだ食欲不振が続いていて↓のから揚げしか食べられませんでした。

201709191108365bd.jpg

でもこの麹を使ったから揚げ? 感動してしまうくらい美味しかった。 から揚げ君の30倍美味い。



そんなこんなで休憩も含めて2時間ほどで佐世保に到達しました!


九州自動車道は見通しの良い高速道路で、田畑を見下ろしながら走るうちに体調も回復。


ようやく昼飯を食べれるくらいの食欲が湧いてきたので、“道の駅させぼっくす”にてランチタイムに入りますヽ( ´_`)丿


注文したのは名物海上自衛隊カレー

20170919110838ea6.jpg


実際に自衛隊の方が食べているカレーの再現というのを聞きましたが、本当でしょうか??


だってこのカレー、イカ墨ベースに牛すじが入っているんですよ。こんな凝った食事、普通船内で出るか!?って思いますよねw



さて食後はミリオタの友人に連れられ、佐世保市内を散策。


海上自衛隊佐世保資料館、ニミッツパーク、佐世保市民文化ホールなど。。

20170919110841f1d.jpg

20170919110840918.jpg


その手の話に何の関心も持ち合わせていない自分にとっては、修学旅行で文化資料館みたいな所に連れられてきたような感覚┐(´-`)┌


展示よりも他のことにばっかり気が散ってしまいます。


(やけに中国人だか韓国人の観光客が多いな。戦時中の歴史コーナーとか見にきて不快にならないのかなぁ。。)といった感じでw



ミリオタ友人が一通り見て周ってようやく満足した様子なので、本日の宿泊先“嬉野温泉”に向かうとしますか。


佐世保からは1時間ほどで到着。もはや九州まで自走で来た身に“100km”という道のりなんて近所ですよ!


佐賀県嬉野市にある、見るからに落ち着いた雰囲気が滲み出ている旅館『茶の湯 和楽園』に到着しました~(o‘∀‘o)*:◦♪


20170919111309d64.jpg



嬉野温泉とは日本三大美肌の湯として有名らしく、この和楽園では地元産嬉野茶を使用した日本初のお茶露天風呂なるものが楽しめますw

2お茶の湯

お茶風呂ってなんだよwwって言いながら入ったら、茶葉のTバッグが大量に置いてあったのですが、


そこで思考停止した僕達はとりあえずTバッグを鷲掴みにして風呂に投げ入れるも、これ効果あるか?と腑に落ちず


冷静になって周りを見渡したところ、お湯が出てくる部分が“きゅうす”の形状になっていて、そこに詰め込んで茶の湯を流すんだということに気が付き、、、


もうあれですよ。湯に浮かんだTバッグのシュールな光景を見たら、自分のアホさに対する羞恥心が込み上げてきて黙々とTバッグを拾うしか無かったですね(^_^;)w


そんな失敗談込みの入浴を済ませたら、夜飯の時間。


適当に夜の嬉野温泉を散歩しながら、旅館指定の焼肉店へと向かいます。

201709191120263e6.jpg

20170919112028f0b.jpg

201709191120281cf.jpg

2017091911203107b.jpg

20170919112031cfe.jpg


パッと見それほど観光スポット的なものは無い感じかな??



2017091923213704d.jpg

『ヨンビン』という焼肉屋さんで美味しい肉を食べ、帰り際に「どこか見どころとか観光しておくべきところとか無いですかね??」


と店のおじさんに聞いたところ


「う~~~~ん、、、、無いな!!」というまさかの返答(笑)


その後、


「遊べるところは知ってるけどね」


と意味深なことを言ってましたが、何のことかな。


就寝前に酔ったノリで色々調べてたら、そういうことか!と“夜の街”で有名なことを知り全力で後悔。


しかしまだ温泉街は旅の行程で三か所残っていると、友人とリベンジを誓い2日目を締めくくりました(´_ゝ`)





2日目の移動距離

20170919112528a8f.png


1日目・2日目の出費 ¥49000
高速代 ¥13000
ガソリン代 ¥8000
食費 ¥10000
宿泊費 ¥15000
その他 ¥3000

“都道府県制覇”の進展と次のバイク旅目的地決定

前々から進めている都道府県制覇


・大学入学以前の訪問はカウントしない
・観光していない県は足を踏み入れてもカウントしない



という条件の下、着々と制覇県数を増やしてきたのですが、、


18都道府県まできたところで頭打ちになり、久しく進展がありませんでした。


201707201110363fe.jpeg


しかし、先週と先々週の日曜日!


それぞれ1県ずつ未踏の地を観光してきたので、それについて報告したいと思います(*^_^*)






まずは先々週の日曜日から。


目的地は岡山県備前市です。


何をしに行ったかというと、、、


友人の船に乗ってきました。


20170720114808624.jpeg


船持ってるっておかしいでしょ・・・・


家どんだけ金持ちなんだよ・・・・・  


という所得格差に打ちひしがれながら、ちゃっかりと乗らせて頂いてきましたよ


20170720115242c23.jpeg


ヤマハの新船らしく、モデルルームのような匂いがしましたw


20170720115245865.jpeg


瀬戸内の海は凄く穏やかで全然波もたたず、湖にでもいるような気分になります(^_^


船に揺られて優雅なひと時を過ごすのも良いですが、どうせならマリンスポーツをしようってことになり


↓のザップボードというのにチャレンジしてみました


fb87a941-a302-4448-9eb6-24638319f5e9.jpg
(画像はレンタルサイトから転載)


僕は全く泳げない金槌なのでしっかり救命胴衣を装着して、入水~


バイクで鍛えられたバランス感覚を頼りに何とか立つまではしてみせましたよ。


ただ何度も何度も海に叩きつけられ、鼻血だらだらでサーフィンしてました(^_^;)


20170720115243be0.jpeg


途中で雨が降ってきたので、小豆島まで行って香川県も回収する計画は未遂に終わりましたが、、、


↑の備前日生大橋を眺めて、瀬戸内海を十分に満喫することができて良かったです


船を下りるときに、友人の父からくらった


「次は女の子連れてこいよ」


という強烈な一刺しは、今もなお僕の胸に刻まれています・・・




帰りに寄った『お好み鉄板焼き タマちゃん』というお店は


何度も取材を受ける、知る人ぞ知る名店


キャプチャ


お好み焼きに牡蠣が入ったかきおこ、が鉄板メニュー。


20170720122804762.jpeg


お値段1600円ほどと、まぁそこそこしますが、、、


味はもう絶品も絶品


大阪人ながらここまで美味しいお好み焼きは食べたことがありません。


201707201228005cb.jpeg


牡蠣が美味しかっただけだろ?という邪推は無用です。


全てが完璧でした






次に先週の日曜日の話。


友人から


「ホイール取りに富山行くけど一緒に行かん?」


と誘われ、午前中バイトがあるから無理だ~~~と断ろうとしたら、昼からでも良いよと返されなんじゃそら(@_@;)


困惑しつつも車で乗せてってくれるって言うので、都道府県制覇も進めれることですしお供することに


大阪を出発したのが14時頃。


SAで松坂牛串や人気メロンパン等を食べつつ


20170722123914359.jpeg


また途中で海の見えるハイウェイオアシスもありと


2017072212391789e.jpeg


退屈せずに気が付けば富山に到着。時間は18時過ぎ。


ホイールの受け渡しを見届けた後、観光開始します


富山市の中心街に聳え立つ“富山城


20170722123919d8c.jpeg


大きさはそれほどでもありませんが、


堀と屏と天守閣とがライトアップで美しく照らしだされ、


街中にて異様な存在感を放つ有様なんかは凄く惹きつけられました


2017072212392062a.jpeg


城を見て、街中をぶらぶら歩いていくと


富山駅に到着~~~↓↓


20170722123920072.jpeg


ビルや商業施設が立ち並び、栄えている風なのですが


外箱だけで、蓋を開けてみれば歩行者も全然いなくて、これが田舎の県庁所在地かぁwって感じでした~


僕はこういう落ち着いた町嫌いじゃないですよ?


とはいえ飲食店が軒並み21時に閉まるのはどうかと思いますが。


時間ないのでそそくさと寿司屋「すし玉に向かいます。


このお店はつい前、富山に行っていた友人が美味しいと勧めてくれ、横にいた富山出身の子も太鼓判を押してくれた所だったので


わざわざ足を運んでみたのですが・・・・


うん。当たりだ。


・コスパが良い
・地元産の魚介が食べられる
・美味しい


の3拍子、完璧でした


勧めてくれた友人に感謝しないと。


20170722125339847.jpeg


↑は、のどぐろ、白えび、紅ずわい蟹、甘えび、ブリトロ、かわはぎ、ホタルイカのセットでお値段¥1400


のどぐろと白えびは北陸名産の魚介なので、追加で注文し存分にその味を満喫してきました↓↓


20170722125343fcf.jpeg


201707221253400d7.jpeg


高い種類のお寿司ばかり狙い撃ちしましたが、3000円で収まりましたしコスパが本当に良いお店。


富山に行く機会があれば是非オススメします






というわけで、二つの県を新たに回収し、↓のようになりました(*^_^*)

20170722130729372.jpeg


飛び地が少なく、徐々に領土を拡大していってるみたいです


赤で染めた真ん中にぽっかりと空いた、“福井県”。


この県だけ未回収なのは見栄えしませんし、何となく気持ちが悪いので来週、一人でぶらりと行ってこようと思います。


ルートはこんな感じ↓


20170722210605066.jpeg


バイクに乗り始めてから1週間後のツーリングで、福井の県境にある南丹市までは行っているので


今回は更にそこから40分くらい進んだ程度。


特に臆することなく足を運べるかなっといった場所です


今が見ごろの


m_1493273622451649.jpg


ひまわり畑を見て


↓の蘇洞門あたりを観光した後、

asdfghj.png


ツーリング名所の三方五胡レインボーラインをドライブして帰ってこようかなと思います。


DSC_6757mikatagoko-s.jpg


とにかく今の自分に足りないのは走行距離。


長年バイクに乗ってる人に追いつくには走る量を増やすしかありません!


隙あらばバイクを走らせ経験値を稼がなければ( 一一)


ってことで


これからもまだまだ旅記事が増えていくと思います


実際まだ書き溜めている分もあるので、、、


アニメ記事、聖地巡礼記事を楽しみにしてくだっている方は来月までお待ちください(^_^;)


それでは長くなったのでこのへんにしておきます、おやすみなせ~~

九州一周ツーリング 計画編


夏の九州ツーリング。

友人への提案書を使い勝手の良いブログ記事でまとめてみました。

九州ツーリングに興味のある方はご覧になってみてください。


~一日目~
移動日
20170617001146e37.jpeg
走行距離:600km
ガソリン代:6000円程度
高速道路代:10000円強くらい(?)  (結構コスト高め・・・)

7時大阪発、余裕をもって18時博多到着ぐらいでしょうか。



~二日目~
20170617003145f6a.jpeg

09:00博多発→10:00唐津着(滞在1.5h)
11:30唐津発→13:00佐世保着(滞在4h)
17:00佐世保発→18:00佐賀着(宿泊)


観光
①唐津→唐津城、その他
②佐世保→展海峰、佐世保バーガー、長崎ちゃんぽん、その他
③佐賀→???



~三日目~
20170617004254daf.jpeg

08:00佐賀発→09:30熊本着(滞在1h)
10:30熊本発→13:00霧島着(観光&宿泊)


観光
①熊本→熊本城、その他
②霧島→温泉郷巡り、えびのスカイライン、桜島巡り
(あえて時間に余裕を持たせているので、計画の皺寄せを調整可)



~四日目~
2017061701022634b.jpeg

07:00霧島発→09:30都井岬着(滞在1h)
10:30都井岬発→13:30都井岬(滞在1h)
14:30日南フェニックスロード 
18:00頃 宮崎着


観光
①佐多岬(最南端)
②都井岬→カツオ食べる
③日南→フェニックスロードツーリング



~五日目~
20170617011213156.jpeg

07:00宮崎発→9:00高千穂峡着(滞在3h)
12:00高千穂発→13:00阿蘇ライダーべース(滞在1h)
14:00阿蘇ライダーベース発 →阿蘇観光・ミルクロード&やまなみハイウェイを通り
19:00湯布院着        (阿蘇ー湯布院間は2hでいける距離)


観光
①高千穂峡
②阿蘇観光、ミルクロード、やまなみハイウェイ
③湯布院温泉



~六日目~
20170617012445e69.jpeg

午前中 由布院観光
13:00湯布院発→14:30門司着(滞在2.5h)
17:00門司発→翌日05:30大阪着      ※門司19:50発のフェリーも有り


観光
①湯布院、別府、温泉巡り
②門司→関門海峡、レンガ造り、下関まで足を運ぶことも可






観光地参考画像
【一日目】
・博多屋台
20170617020506d0d.jpeg

・もつ鍋
2017061702050850e.jpeg


【二日目】
・唐津城
2017061702055659d.jpeg

・佐世保 九十九島
20170617020556e57.jpeg

・長崎ちゃんぽん
20170617020558abf.jpeg


【三日目】
・熊本城
20170617020722537.jpeg

・霧島温泉
20170617020722076.jpeg
20170617020724d7d.jpeg

・桜島
201706170207266b4.jpeg

・牛鶏肉
20170617020727d93.jpeg


【四日目】
・佐多岬
20170617020924076.jpeg

・都井岬
20170617020925c7f.jpeg

・地鶏焼き
2017061702092666d.jpeg

・カツオ
201706170209280d1.jpeg

・日南フェニックスロード
201706170209299bc.jpeg


【五日目】
・高千穂峡
201706170210594d7.jpeg

・阿蘇ミルクロード
20170617021101419.jpeg

・やまなみハイウェイ
20170617021101055.jpeg

・阿蘇牛
201706170211036b0.jpeg

・湯布院
20170617021104f8c.jpeg


【六日目】
・湯布院温泉巡り(↓は混浴ッ!)
20170617021233263.jpeg

・門司レンガ造り
20170617021234c6a.jpeg

・関門海峡
20170617021235bcc.jpeg

・下関 魚介グルメ
20170617021237b4a.jpeg

今日も今日とてツーリング日記 ~豊郷小学校・彦根城~


二週間前にバイクを乗り始め、

先週初ツーリングを体験、


そして今週は更に距離を伸ばして滋賀県彦根の方まで行って参りました

2017060600121196e.jpeg


目的はズバリ、『けいおん!』の聖地巡礼です





6/5日曜日の朝から自宅駐車場にて、準備を整えます。

20170606001524b4d.jpeg


いつものツーリング友達が迎えに来てくれたところで、いざ豊郷( ̄^ ̄)ゞ


今日はなんと、

茨木インターから

高速に乗る事にしました


人生初高速運転、緊張と高まりでおかしくなりそう~~。。


不安だったので予め初心者の注意事項をggってみましたが、あれ特に有用なことも書いてませんねw

最初はもうノリと勢いと冷静な心を保って運転するしかないのではって、後から思いました。



あとは上手い友人に先導して貰う

これが一番手っ取り早く、安全にデビューする秘訣でしょうか




20170606003004c77.jpeg

一仕事やってのけた後のメシは美味いッ( ^ω^ )

草津PAで食べた九条ネギラーメン(¥680)。

滋賀県は京都に魂を売ってしまっている共通認識で大丈夫かな。


高速でバイクを運転していると、やはり体に直接風を受けるのでエネルギーの消費が激しい

横風で転倒とかそういうのは流石にありませんが、気が付けば風に流されて横のトラックに寄ってったりしちゃうことはありましたw


まぁでも想像以上にスピード感もなければ、恐怖感もなく


初めて100km/h出した瞬間は感動の極みでしたね。(いつかカタナのスピードメーターを振り切ってみたい)

20170606012733ac3.jpeg





高速を下りて少し下道を行けば、旧豊郷小学校に到着\(^o^)/

今回はあっけなく辿りついたな・・・

2017060601305338e.jpeg

けいおんにはまって7年越しの聖地巡礼


はぁ・・・良きかな良きかな

07010101010001221920x1080.jpg
201706060130541bd.jpeg


見覚えのある銅像


20170606013056d57.jpeg


木造建築の廊下というだけで趣深い


20170606014924cae.jpeg


朝飯×朝飯=柚子、どういう意味だ。。。


2017060601492703f.jpeg


入学式や卒業式の度に登場した渡り廊下


2017060601553142e.jpeg


その先にあるのは、放課後ティータイムが演奏をした講堂


20170606015528a12.jpeg


中の再現度も完璧だ・・・


2017060601492735d.jpeg


さて再び校舎に戻り

そして階段を見上げれば、

唯先輩!今から部活ですか?」と、あずにゃんの声が今にも聞こえてきそうで

20170606014925195.jpeg


吸い寄せられるように階段を上って行くと


2017060601552350e.jpeg


とうとうやってきました、軽音部部室です


20170606015525071.jpeg


何とも神聖な雰囲気で心が洗われるようです。


201706060205491a8.jpeg


ここはオタクにとってのメッカでありましたか。


他の聖地とは比べ物にならないほど、アニメの空気が残されている空間。


20170606020945967.jpeg


ちょこちょこ異教徒が紛れ込んでいますが気にしない。(ただし○○フレンズは除く!)


20170606020914381.jpeg


寄贈品が多く、どれだけこの作品が愛されてきたかが分かります。


20170606021940dec.jpeg


聖地巡礼レポートがこんなに積まれているのなんて初めて見ましたよ(゚д゚)


2017060602193897b.jpeg


この部室の隣には、澪ちゃんファンクラブのお茶会が催された(作内の話)別室もありました↓


201706060209198c8.jpeg


寄贈されたギターやベースを引っ張りだしてきて弾きこなす友人かっこいい。。


負けじと僕も置いてあったオルガンと楽譜で、“ぴゅあぴゅあはーと”と“No,Thank You!”を弾きましたが

楽器が古すぎて音も出にくかったし微妙でした(´_ゝ`)


さて心休まったことですし、移動するとしますか。


また来ます、放課後ティータイム部室

20170606020921a9e.jpeg





本館を後にして


201706060224426ac.jpeg


最後に別館にある“けいおんカフェ”にも立ち寄っておきましょう。


外観も、中の開放的な食事スペースも、写真を撮り忘れてしまったのですが


地元の人も、絵描き集団(プロの制作関係者か?)も、オタクも、コスプレイヤーも


色んな人がそれぞれにくつろぐ和みの場でした



メニューは一応けいおんコラボ↓↓

20170606025525791.jpeg


わっふる美味しい


201706060255264f7.jpeg


重要文化財にも指定された戦前の西洋建築に、昼さがりの斜光が差し込み

高い天井の下、開放感を感じながらレッツティータイム


周囲の談笑や常に流れるけいおんのBGMも耳から入ってきて、やけに心地よい。



この空間の奥には寄贈品を飾るスペースがあり

201706060303522b4.jpeg


量がまたとんでもないw


20170606030205023.jpeg


201706060302044d5.jpeg


201706060302094ff.jpeg


加えて売店の方には、聖地限定グッズも並んでいて


20170606030355881.jpeg


1mmたりとも隙のない完璧な聖地だったと思います


20170606030358a28.jpeg


謎のヤマノススメ推し


20170606030356957.jpeg


あれは、、、ここなちゃん、!?


20170606030357648.jpeg


てなわけで、けいおん聖地の旧豊郷小学校は

・再現度抜群
・アニメの雰囲気をじかに感じられる
・長年ファンが積み上げてきた愛が残されている
・コラボグッズの充実

といった点で、ケチのつけようもないほど素晴らしく、、、



Aランク聖地 に認定したいと思います


オタクなら人生に一度は巡礼を義務付けられる、これはムスリムにとってのハッジと同様なのです。


皆さん是非一度訪れてみてください


20170606105948f62.jpeg






聖地巡礼を楽しんだ後は下道を20分程走って


彦根の方にも足を延ばしましたよ~。


201706061059487e0.jpeg


遊覧船が通れるくらいしっかりした堀が

二重に城を囲んでいて


20170606105949ce0.jpeg


その周囲には雰囲気のある城下町があり

他の城に比べて、味のある、昔ながらの街並みが残された

ポイントの高い場所だったと思います


残念ながら到着した時は、もう既に17時になっていて、、、


城内には入れませんでしたorz


駐車場から遠目に眺める天守閣・・・


20170606110611b79.jpeg


これだけ立派な外堀なら、さぞ城本体も素晴らしかったに違いない。。



嘆いたところで仕方がないので

グルメだけ満喫して帰るとしますか



滋賀と言えば


やっぱりこれでしょう。



近江牛


城下町にある 「焼牛たかし」 というお店がコスパ良なのでオススメヾ(o´∀`o)ノ


20170606112918333.jpeg



近江牛のサイコロステーキ


201706061106076e3.jpeg


炙りにぎり寿司2貫(食べかけの写真で失礼します;)


2017060611060847b.jpeg


これでお値段 1500円ほどなので

まぁリーズナブルっちゃリーズナブルでしょう。


近江牛を食べた という既成事実を作るのには十分すぎるお店でした



今日はバイク乗りとしてもまた一歩成長できたし


長年切望してきた聖地巡礼も達成できたし


良き一日、良きツーリング旅でした(*^_^*)



バイクに乗ると世界が広がる。


久しぶりに生きがいを感じて毎日を送れている気がします。。。


それでは滋賀へのツーリング旅はこのへんにして、、帰ったらまた次の計画を考えたいと思います!

20170606110609533.jpeg


【追記】 
今回は文章の書き方を大幅に変えてみました。 
結局長々「豊郷小学校は国の指定文化財で~~~当時は東洋一の小学校と評判高く~~~~~イソップ寓話をモチーフとしたブロンズ装飾が~~~~~~」
とか書いても読み辛いだけだと思うんですよね。
というわけで他者様のツーリング日記を参考にした、行間の多い書き方にしてみました。
今までの書き方(内容)とどちらが良いか等のご意見があれば、是非是非コメントでお伝えください^^

プロフィール

ミサカ☆

Author:ミサカ☆
出身:大阪
職業:大学生
趣味:アニメ/声優ライブ/デレステ/野球/バイク/旅行/山登り/ピアノ

とあるアニメの影響でバイクに山登りに趣味を広げつつあるオタクです。

好きなアニメ・・・P.A.&京アニ作品全般
推しの声優・・・水瀬いのり 小倉唯

アクセス数
・・
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

星に願いを・・・

~MATOのgdgdブログ戦線~

MyPACE(旧あきみずブログⅡ)

Feel My Soul

Aiuto!の穴

ポケモンにはまったCHAa3の「厨と言わないで!」

大安な生活

武士道とは・・・

カキさんの面白いものを探し隊

The Blind Side

オタク仲間を作り隊

香港で遊戯王をするツワモノ

誰が為に鍵は威張る

とびひざ外れるので重力してから打ちまーすwww

ストロベリーパーティー~ただしイケメンにかぎる~

こちらポケモン研究所 第一支部

気の向くままに~?

まひろくのだらだら日記!

ななはなの日常

宮廷アリス

ノワールのメモ書き

ぜっとん・ワールド

ゲーム好きらふぁの日々迷走ブログ

錐重が切り絵しておりますル

日和の日々

★ Supaku Blog ★

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

着々とポケモン日記

プレミはなかった

やってらんね~ぜっ

どうでも良い一日 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR