【2016年アニメ】冬春夏秋のMVP

明けましておめでとうございます。今年もどうぞとある廃人のゲーム日記を宜しくお願いしますm(__)m

さて年明け一発目の記事は、昨年2016年アニメの振り返り。各クールからMVP作品の選出を発表したいと思います!
(そういう記事は去年のうちにやっておけよ)




冬アニメMVP】  灰と幻想のグリムガル
20170103135631c2c.png

ミーハーで有名作品ばかり好む僕が最初に選出したのは“灰と幻想のグリムガル”という作品です。

この作品を最後まで見たという方はかなり少ないのではないでしょうか?

今年1番の隠れた名作だと個人的に思っているのですが、いかんせん異世界モノというジャンルは最近あまりに多く

それらの中に埋もれてしまった感じがあります。

同クールに『この素晴らしい世界に祝福を!』という作品がありましたよね。

冬アニメ放送当時“このすば”を異常に持ち上げて“灰と幻想のグリムガル”を叩く人が多かったように思います。

特に僕のフォロワーの中ではそういう風潮が顕著に見られ、やるせない気持ちにさせられたのですが。

グリムガルが面白くないというのは、、、本当に分かっていなんですよ、、、

確かにじれったいストーリー展開の中進んでいく作品で、血気さかんなお若い人達には我慢ならないものなのかもしれませんが(若いというのは年齢だけを指しているのではなく。)

独特な世界観キャラの繊細な関係性を楽しむための、どれだけの努力がこの作品から滲み出ていることか。

2017010313583518b.png

水彩画のような淡い背景と安らぎを与えてくれるBGM、要所では惜しみなくEDアレンジverや挿入歌をはさんでくるところと言い

シナリオ音楽演出全てが合わさってできた強みを持っており

キャラ推しだけの(そのわりにキャラデザは大したことない)作品と比べられて乏しめられていたことには遺憾の意を表明したい。

20170103135939c40.png

ただ先ほども言った通りテンポが遅く、(だからと言って速くても作品の良さが損なわれるのですが)

見終わった後もそれほど爽快感が得られるわけではありません。

シナリオだけ切り取ってみれば、後半(8話以降)こそ惹きつけられる展開が続くものの

やはり最初は味気ない話に感じられますよね。

そこが良アニメにして神アニメになれない所以。不作だった冬アニメだからこその選出と言えるでしょうか。

蛇足:中盤以降に出てくるメリーちゃん(cvみかこし)というキャラがめちゃくちゃ可愛いです。


201701031400196b9.png



春アニメMVP】 Re:ゼロから始める異世界生活

20170103141512423.jpeg

リゼロは放送前から目をつけ、放送後も期待通りの面白さだと分かった瞬間にかなり推していた作品です。

世間一般だと、あまりに救いのない展開の中レム(メインキャラの一人)が健気に主人公に尽くすあたりで話題となり

レム好きとReゼロ好きが相関的に増えていった感じでしょうか。

20170103141816e3e.jpeg

僕個人としても力の限り、命の限り尽くして主人公を守るヒロインの姿にやはり心をうたれ、レムというキャラに嵌まり込んでしまうということもありましたが

話としては1章(王都編)2章(魔獣編)の方が3章(王選編)より好きですね。

特に2章でレムの心を開いていく話が本当に良く、3章のレムを知ってから2章を見直してみるとその良さみは増します。

20170103141249237.png

3章も先が気になる展開や終盤には盛り上がる場面もあったのですが、少しヘイトが溜まりすぎて見ているのがしんどかったです。

特にそのヘイトの溜め方が悪く、ただ鬱展開が続きキャラが死ぬだけならまだしも、主人公の悪態が流石に目に余りました。

1章から主人公がウザくて面白くないとか言っているオタクは話にならない。別にそのウザさが話の展開に影響することは無かったのだからそれで作品の良し悪し決めるなんてもってのほかだ。

でも3章は違いましたね。。 勝手に王選の場に出しゃばってきては傍若無人な振る舞いでエミリアの顔に泥をぬり、

そして形振り構わず周りに当たり散らして迷惑かけてと、、、、最終的に会心して皆を助けたのだとしても、途中経過を見るのが本当にきつかった。

その(ヘイトをためた)割に魔女教を倒す最後の爽快感というか、倒した後の後味というかそういうのが足りなかった気もして、、

(爽快感に関しては一度ぺテルギウスを倒したにも関わらず体を乗っ取られて、二度倒すというシナリオにしたせいで分散してしまったように思え、後味というのは単純に最後のエミリアとのいちゃいちゃが足りなかった、枠が無かったからだと思います)

20170103141817012.jpeg

3章の出来栄え次第では春夏連覇まであったのですが、、最後が勿体なかったですね。。

でも作品としてはもはや一流ブランドになりつつあるwhite foxが本当に良い制作をして、それに迫真の声優演技が乗っかって、、

総合力で見て素晴らしい作品だったと思うので春アニメのMVPにしました!

20170103141244342.jpeg

ちなみに原作の外伝“師子王の見た夢”とBD1巻の特典“氷結の絆”を読めばまた印象が変わります。

前者はクルシュ&フェリスの過去について書かれたものでシナリオ的にも本当に面白い。王選が始まった理由についても詳しく知ることができます。

後者はエミリアとパックの出会いの物語。エミリア&パックの強さの理由を知ることができ、3章で抱いた疑問(巨大な獣にすばるが殺されたend)を解決する手助けになってくれるとも思います。

これを読めばレムのせいで影が薄れてしまったエミリアたんの純真な可愛さを思い出させてくれることでしょう。2017010314124354f.jpeg





夏アニメMVP】 ラブライブサンシャイン!
20170103143046253.jpeg

僕が本家ラブライブに抱いていた不満が、サンシャインでだいたい改善され一気に評価を上げた感じがあります。

ラブライブと言えばμ'sではなくAqours!多勢を敵に回しそうな発言ですが個人的にここだけは譲れない!

やはり沼津という田舎町と提携して作品を創り上げたところが大きかったと思います。

背景の描き込みが格段とレベルアップしていますもの。

201701031437420a8.jpeg

東京秋葉でアイドルやります、よりも静岡沼津の海辺の町でアイドルやりますの方が僕は好きですね。

そっちの方がきっと青春が聞こえる気がする。

またサンシャインはキャラを可愛く魅せるシナリオという点ではかなりレベルが高かったのではないでしょうか。

キャラデザが発表された時点ではμ'sに引っ張られている感じの第一印象を受けたのですが、実際放送が始まるとそうでもなかった。しっかり個性を持っていました。

放送前と放送後のキャラ人気投票が全く入れ替わったと話題になっていましたが、それだけ見た目の第一印象とシナリオで表現されるキャラ像に開きがあったということでしょう。

そんな魅力あるキャラ達の中で誰推しかと聞かれれば、僕は「花丸ちゃん単推し!」と即答します。

20170103143852075.jpeg

いや、ずら丸がナンバーワンでオンリーワンなのだが曜ちゃんも捨てがたいなぁ・・・ ヨハネも可愛いし、、最近は梨子ちゃんの可愛さにも気づきつつある(“単”とは(ぇ

いやいやキャラ単体で推すより、曜&梨子、花丸&ヨハネといった組み合わせ(意地でもカップリングとは言わないw)をプッシュしていく時代でしょ!って議論も無くはない↓ 

2017010314393699e.jpeg

ここまでキャラの話をしすぎたのでストーリーにも少しふれておくと、、

個人的に4話の『ふたりのキモチ』と11話の『友情ヨーソロー』と12話の『はばたきのとき』が好きです。

ルビーちゃんを見送る花丸一人称視点のシーンは相手を思いやる優しさに溢れていて好き。

201701031430370cf.png

友情ヨーソローは“オタクの心を鷲掴みにするために生み出された”かのような曜ちゃんが、何もかも完璧な曜ちゃんが弱みを見せたというのが本当に反則級。

「わたし、、馬鹿曜だッ!」のところすこだ。。。

2017010314304581f.png

そして12話のはばたきのときはもう最終回として完璧な〆だった。(13話なんて無かった)

20170103143219797.png

ということでサンシャインの良さは説明できたでしょうか。

最初の「μ'sからの改善点」という議論に少しだけ回帰しますと、ライブシーンの作画が向上したことも大きいですね(本家1期と比べて)

CGの使用を最低限に抑えると共にその質を向上させ、手描きカットを増やすことでCGの違和感を感じさせない。

やはり制作という面では素晴らしかったと思います。

20170103143219ee8.png
20170103143217765.png

まだ確実に2期を控えていますし、これから伸びるところまで伸びきってほしいです。





秋アニメMVP】 響けユーフォニアム2
201701031448222f0.jpeg

秋アニメのMVPにして2016年年間を通しての覇権だと信じて止まない作品、それが響けユーフォニアム2!

ユーフォは何人かに勧めたことがありますが全員その良さを認めてくれました。

もしこのブログを読んでいてユーフォニアムを見ていないという方がいらっしゃったら、今すぐ戻るをクリックして動画サイトにいき視聴を開始してほしい。

ユーフォニアムの凄さと言えば史上最高レベルの制作クオリティ。もはやアニメではなく芸術作品の域に達している程の凄さがありましたね。

20170103144820c26.jpeg

監督の石原立也さんのスタッフ談に次のようなものがあります。

「こだわった点は楽器を手で描くということでしょうか。この作品において楽器は単なる小道具ではなくキャラクターなのです。フル3DCGアニメは別として、セルアニメにおいてキャラクターはセルで描くべきだと思いますので。」

このコメントに京都アニメーションが他の制作会社と一線を画す存在であり得る理由の全てが詰まっているのではないでしょうか。

響けユーフォニアムは吹奏楽部をテーマにした作品で、登場キャラがあまりに多い。そしてその全てのキャラが楽器を持っている。

ここから分かることは他のアニメと比べものにならないほど描きこみ量が要求されるということで、

それにも関わらず真っ向から手描きで表現しきるという信念がもう“神ってる”としか表現のしようがない。

20170103145331d5f.jpeg

背景にしてもそうです。まるでフィルムで撮ったかのような忠実な再現度と、そこに何か現実を超えて心に訴えてくるかのような表現力の深さ。

20170103145154d1e.jpeg

またその絵の描き込みの凄さが話にも奥行を与えていることは皆さん既にお気づきなことだと思いますが、

演奏シーンや会話のシーンでキャラの瞳が細やかに動いて心情を絵で表現する。

これら全ては京都アニメーションにしかできない、京都アニメーションだからこそ創り上げることができた奇跡です。

長くなるので割愛しますが吹奏楽という音楽の表現に関しても物凄いこだわりがありましたよね。

このような“奇跡”はもう二度とお目にかかることがないかもしれません。なぜなら血の滲むような努力で完成したユーフォニアムの円盤が大して売れていないからです。

秋アニメの売り上げは、刀剣乱舞が20000枚近く、ハイキューが10000超え、ユーリもそこそこ売れてくると思いますが、

一方響けユーフォニアムはと言うと、腐向けアニメを除けば一応トップの6000枚ちょっと・・・

はぁ~~男オタクの購買力もう駄目だな。

偉そうに話す割に一切お金を落とそうとしないオタクがコンテンツを駄目にしているのであって本当に憂うことだと思います。

僕は勿論ユーフォニアム円盤マラソンしますよ。これだけ持ち上げておいて買いはしないなんて滑稽極まりないですからね。

さてFreeと響けユーフォニアム、売り上げにして倍以上の差がついてしまったわけですが、それでも京アニはまだ萌え豚向けにアニメを制作してくれるのでしょうか。心配です・・・

最後に響けユーフォニアムのシナリオにも言及しておくと、

二期では一期に残した色んな伏線を回収したり、2クールやって話に重みが加わったりすることで一段と輝いた作品になった気がします。

1~4話で鎧塚先輩の話を掘り下げつつ、実は久美子があすか先輩へ抱く感情の変化を同時に進行させていてそれが9話10話の展開に結びついてきたり

201701031455167c2.jpeg

中盤あたりで明らかになった滝先生の奥さんについての話が11話の麗奈に繋がってきたり

20170103145517905.jpeg

1期からずっと伏線を張ってきた黄前姉妹の関係性が10話~12話でやっと実を結びシナリオとして花を咲かせたり

またそれがあすか先輩を説得する久美子の想いをいっそう強固なものにしたりと、、、、

201701031456249a7.jpeg

何気に思っている以上に脚本が綿密に計算されたもので完成度も高かったと思います。

2期BD1巻のスタッフコメントに書かれていることなのですが、石原監督は原作を読んで、あすか先輩から久美子へと想いが受け継がれるシーンに一番心を動かされたらしく、

それをアニメでやりたいという一心で二期を制作したらしいです。

だから13話最後の場面が1話最初の場面に繋がるという凝った作り方をしているのだなぁと。

そしてあすか先輩が久美子手渡す楽譜の曲名が「響け!ユーフォニアム」とタイトル回収する展開にはもう鳥肌が立ちましたね。

20170103145332670.jpeg
20170103145333df1.jpeg

というわけで結局↑3つの作品と同様、響けユーフォニアムも総合力で飛びぬけていたというわけです。

やっぱりアニメはこういう視点で見ないと!と個人的には思っています。





新年初記事ということでしたが、はりきりすぎてクッソ長い記事になってしまいました。

もしここまで長ったらしい文章を最後まで読んで下った方がいらっしゃっるのならば本当に嬉しく思います。

今後どのようなブログを書いていこうかだとか、今年どんなオタ活をしていきたいかとか、、

折角の新年初記事なのでそこまで書いてしまいたいのですが、流石にもうね。長くなりすぎたのでこの記事は完結とさせて頂きます!

ご精読ありがとうございまいしたv(^_^v)♪



コメントの投稿

非公開コメント

Re:【2016年アニメ】冬春夏秋のMVP

新年明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致します

凄い文章量ですね!
説明が下手糞な自分には絶対無理ですね;;
自分のブログ見て頂ければ分かると思うんですが、共感できそうなのがユーフォくらいしかなさそうで申し訳ないです…
歳のせいなのかラノベ系さらに見れなくなってきました;;

円盤に関してはニコ生やAbemaなど無料のネット配信が増えたことも影響してると思います
元々値段も高いと言われてましたからね…
まあ、50話入りのBOXを45000円で買った自分が言うのもなんですが;;

では

No title

新年あけましておめでとうございます。

ユーフォニアムは 久美子が あすか先輩にお姉さんを重ねながら思いを伝えるシーンである10話は感動しました。
円盤マラソンが出来なくてもファンブックを購入して再度見てみたいです。
アニメの細かい点に気付きながらアニメを見るのは本当に難しい
ので このブログを見て新しい発見をしたいと思います。

Re: Re:【2016年アニメ】冬春夏秋のMVP

>秋水時雨さん
新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

秋水時雨さんの新アニメランキングも既に拝見させて頂いているので、、好みの不一致は存知上げていますw
この点は去年今年に始まったことではないので、秋水時雨さんのランキングは僕に無い価値観を見出せるのではないかと楽しませてもらっているのですが。

円盤に関しては時代と共にそうなっていくのは仕方ない、、とはいえ流石に女性オタクの購買力を見ていると男オタクの現状があまりに情けないか痛感させられます。

>50話入りのBOXを45000円
新品にしても結構お高いですね? ブログに書かれていたまどマギ、は1クールですし、、SHIROBAKOとかですか??

Re: No title

>hg_week_blueさん
新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

ユーフォ10話のシーン良かったですよね!心が折れそうになりながらも一瞬姉のことが頭をよぎってあすか先輩を引き留めるシーン。
あそこの黒沢ともよさんの演技が素晴らしすぎて自然と目頭が熱くなりましたよ。。

アニメにお金を使うのはBDだけでなく、ファンブックやグッズ等様々な形があると思います。
そこは自分でも理解しているつもりで、知り合いのオタク一人一人に「お前BD買ってないだろ」とか言って回るほど暑苦しいオタクになろうとも思わないですが
アニメコンテンツ全体で見て女性オタクの購買力にここまで差をつけられているのかと危機感を感じ悲しくなってしまいました。。

ですのでBDを買ってないからどうだという意見は一人一人に向けて発したメッセージというわけではなく、オタク文化全体を憂いただけのことなので、もし不快なお気持ちにさせていまったということがあれば謝罪させて頂きます;

>アニメの細かい点に気付きながらアニメを見るのは本当に難しい
ので このブログを見て新しい発見をしたいと思います。

そう言って頂けるのは嬉しいです。
もっと深く分かりやすく面白い考察ができるよう精進していきたいと思います!




プロフィール

ミサカ☆

Author:ミサカ☆
出身:大阪
職業:大学生
趣味:アニメ/声優ライブ/デレステ/野球/バイク/旅行/山登り/ピアノ

とあるアニメの影響でバイクに山登りに趣味を広げつつあるオタクです。

好きなアニメ・・・P.A.&京アニ作品全般
推しの声優・・・水瀬いのり 小倉唯

アクセス数
・・
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

星に願いを・・・

~MATOのgdgdブログ戦線~

MyPACE(旧あきみずブログⅡ)

Feel My Soul

Aiuto!の穴

ポケモンにはまったCHAa3の「厨と言わないで!」

大安な生活

武士道とは・・・

カキさんの面白いものを探し隊

The Blind Side

オタク仲間を作り隊

香港で遊戯王をするツワモノ

誰が為に鍵は威張る

とびひざ外れるので重力してから打ちまーすwww

ストロベリーパーティー~ただしイケメンにかぎる~

こちらポケモン研究所 第一支部

気の向くままに~?

まひろくのだらだら日記!

ななはなの日常

宮廷アリス

ノワールのポケモンブログ

ぜっとん・ワールド

ゲーム好きらふぁの日々迷走ブログ

錐重が切り絵しておりますル

日和の日々

★ Supaku Blog ★

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

着々とポケモン日記

プレミはなかった

やってらんね~ぜっ

どうでも良い一日 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR