バンドリアニメ化が成功する3つの理由と1つの懸念材料



ここ最近急激に知名度を上げている『Bang Dream!』ことバンドリ、実際身近な友人もこの作品にはまる人がチラホラ出てきたこともあって、自分なりに色々と調べてみました。

201612171532377cd.jpeg


・期待できる要因① 楽曲に期待できる

バンドリは女子高生バンドを題材にしていて『けいおん!』の後釜とまで言われています。

アイドルアニメや音楽系の部活をテーマにした作品ならば当然他のジャンルより楽曲の重要性が高まるわけで、

その点バンドリがどうなのか調べてみたところ音楽プロデュース欄に“Elements Garden”と書かれていました。

アニソンゲーソン好きの友人がElements Gardenは良い曲を作ると言っていたのを覚えています。

水樹奈々茅原実里といった大御所にしばしば楽曲を提供したり、個人的に好きな曲で言うとグリザイアの“ワールドエンド”やデレマスの“Trancing Pulse”等かっこいい系の曲のイメージが強い制作ブランドですね。

201612171532386a9.jpeg

そんなElements Gardenがこのバンドリに楽曲を提供しているというわけですから、音楽面に関してはかなり期待できるのではないでしょうか。

既に出ている曲もそうですし、これからOPやED、挿入歌で歌われる曲にも注目していきたいところです。


・期待できる要因② 既にコアなファン層がついている

バンドリプロジェクトというのはコミカライズと同時にバンド形式の声優ユニットを結成させるというのが大きな目玉なのですが

その商法が今のところ非常に好調なように見受けられます。

ドラムキャラには声優プロフィールにドラムと書いてあることで大変有名なへごちん(大橋彩香さん)を起用し個人的にもそこはプッシュしていきたいところであります。

201612171535145ba.jpeg

既にライブも開催したりとプロジェクトは軌道に乗って順調にファンも増えているにも関わらず、更に抜かりの無いのが、、

アニメ化に合わせて追加で発表されたキャスト陣。

元々のプロジェクトで活躍していた声優さん達は相当な声豚でない限り知らない顔ぶれだと思いますが、

アニメ化に伴い追加された声優さんというのが三森すずこ佐倉綾音伊藤美来といった、完全に最近のミーハーオタク層をターゲットにしてきているのが露骨な配置です。

20161217153220219.jpeg

つまりアニメ化で新規層を取り入れる気満々というプロデューサーの思惑が見て取れる声優人事ですし、逆に視聴者側からすれば企画の上手さを感じられるのも期待できる要因になるというわけです。


・期待できる要因③ 原作がある

バンドリは漫画連載されていたのがすぐに終わってしまい、今年からまた話を改変して漫画連載が再開されたようです。

つまりバンドリの原作は旧漫画版新漫画版の二種類が存在するわけですね。

201612171532185f5.jpeg

また今年に入ってノベル化もされていてそれは旧漫画の方を元にされているそうですが、この小説は知名度こそないものの結構評判が良いように思います。

そしてアニメはどちらをとってくるのかというと新連載の漫画の方になるみたいです。

こちらの方が話が明るいのだとか。ただありがちで軽い部活モノで終わってしまうのではないかという不安が残るのも事実。

とはいえ最近流行のスマフォゲーのアニメ化のような、あまりにコンテンツの違う両者を無理やり落とし込み

話に一貫性のないような誰も得しないアニメが出来上がってしまうといった悲惨、このような残念な形にはならないと確信できるだけでもバンドリは恵まれていると言えるでしょう。



ここまでバンドリをかなり持ち上げてきましたが、別に僕はバンドリのファンというわけではありませんw

そもそもこのコンテンツに一切触れたことも無い、曲すら聴いてないわけですから。

ただアニメ好きとして色んな情報を見て勝手に予想しているだけです。

そして、その立場視点から最後にもう一つ懸念材料についても考察しておきたいと思います

バンドリアニメ化にあたって最大の懸念材料、それはズバリ制作会社です。

次期アニメの当たり予想をするに当たって僕が毎回一番言及しているのが制作会社だというのは、このブログを読んでくださっている皆さんには既に知れたことだと思いますが

バンドリの制作会社がどこになったかというと、、

ISSENXEBECの共同制作です。

ISSENを知っている方がいっらしゃるだろうか。いやいらっしゃらないと思います。

なぜなら創設して1年も経っていない新規制作会社だからです。(実際は会社でなはく制作部といった方が良いレベルなのかも)

そこで頼りになる相方がいれば問題ないのですがXEBECというのがまた微妙なところ。

えむえむっ!』や『這いよれニャル子さん』、『競女といった勢いだけがと取り柄の、勢いしかない、本当に勢い以外何もない

僕が嫌いなタイプのアニメを量産する会社で・・・

このXEBECと先ほど話した新連載の漫画を組み合わせたら本当に安っぽい作品で終わってしまうのではないかという心配があります。

20161217153221b6e.jpeg

少なくともどれだけバンドリというプロジェクトに魅力があったとしても、ポストけいおんやポストラブライブなんて無理無理無理のカタツムリです。

制作会社というのは偉大なものでラブライブも結局サンライズだったから良かったわけです。

覇権アニメがブランド制作会社の作品では無かったことがかつてあったでしょうか??

僕の記憶ではガルパンだけです。

そういう点で見ても冬アニメのそれなりの話題作というのが現実的に期待できる限界ラインなのではないかと思います。

加えてPVを見ても、演奏シーンのCG頼みっぷりには思った通り過ぎて苦笑いしか出ないですよ。

20161217153217bb1.jpeg

戦闘シーンや演奏シーンでCGを多用するなんて言語道断。

だってアクションモノなら戦闘シーンが一番の魅せ場、音楽アニメなら演奏シーンが一番の魅せ場なわけで

そこをCGで手抜きするようでは話にならない。

それで売れることがあればアニメの中身がよっぽど形骸化して、ただオタクが一つのコンテンツを持ち上げて一体感を感じることに喜びを見出している傾向にあるとしか思えないですね。





最終的に不安な面を強調する形になってしまいましたが、僕は制作会社を叩いただけでバンドリのプロジェクト自体は応援しているつもりです

これからも情報収集しながらアニメ化が成功するかどうか、見守っていければと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミサカ☆

Author:ミサカ☆
出身:大阪
職業:大学生
趣味:アニメ/声優ライブ/デレステ/野球/バイク/旅行/山登り/ピアノ

とあるアニメの影響でバイクに山登りに趣味を広げつつあるオタクです。

好きなアニメ・・・P.A.&京アニ作品全般
推しの声優・・・水瀬いのり 小倉唯

アクセス数
・・
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

星に願いを・・・

~MATOのgdgdブログ戦線~

MyPACE(旧あきみずブログⅡ)

Feel My Soul

Aiuto!の穴

ポケモンにはまったCHAa3の「厨と言わないで!」

大安な生活

武士道とは・・・

カキさんの面白いものを探し隊

The Blind Side

オタク仲間を作り隊

香港で遊戯王をするツワモノ

誰が為に鍵は威張る

とびひざ外れるので重力してから打ちまーすwww

ストロベリーパーティー~ただしイケメンにかぎる~

こちらポケモン研究所 第一支部

気の向くままに~?

まひろくのだらだら日記!

ななはなの日常

宮廷アリス

ノワールのポケモンブログ

ぜっとん・ワールド

ゲーム好きらふぁの日々迷走ブログ

錐重が切り絵しておりますル

日和の日々

★ Supaku Blog ★

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

着々とポケモン日記

プレミはなかった

やってらんね~ぜっ

どうでも良い一日 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR