FC2ブログ

2018年冬アニメは豊作である


今期ほどオタク共が口を揃えて「豊作だ」と語り合う幸せな世界を、僕は他に知らない。

先にこのような事を言うのは気が引けますが、来期の春はシュタゲを除けば圧倒的に駒不足な厳しいクールになることが確定している分、僕達はいっそうこの冬アニメを満喫しなければならないのです。

大方の話題に名が上がる作品というのは、『からかい上手な高木さん』、『宇宙よりも遠い場所』、『ゆるキャン』、『ダーリンインザフランキス』、『りゅうおうのおしごと!』あたり。

今日は勿論このラインナップにも触れながら、他に自分が見ている作品の是非についても書いていきたいと思います。

予め断っておきますが、ポプテピピックについては世間でどれほど持て囃されようが、個人的に心底興味が無いので今回の話題に上がらないことをご了承ください。




今期の視聴作品の一覧から紹介すると、

・からかい上手の高木さん
・宇宙よりも遠い場所
・ヴァイオレットエヴァガーデン
・スロウスタート
・ゆるキャン
・ダーリンインザフランキス
・刀使ノ巫女
・三ツ星カラーズ
・グランクレスト戦記
・りゅうおうのおしごと!
・オーバーロード



の計11作品。数で見れば平均的ですね。

但し、この中の半数以上が僕の琴線に触れる良作でした。

まずは数少ない個人的に“つまらない”と思った作品から話しますと、ズバリ2作品ほどありまして、

それは、、

グランクレスト戦記』と『オーバーロード』です。

天下のA-1もグランクレスト戦記という失敗作を生み出してしまったか・・・

シナリオ構成が悪すぎて、最初小気味よく進んでいたように感じたストーリーも加速度的にテンポを増し、もはやダイジェストを見せられている気分。

映像コンテンツというのはただでさえ一方向性が強いのだから、このような“見させられているだけ”のシナリオ展開をされると、あまりにつまらなく感じてしまいますね。

シルーカ・メルテスという有望ヒロインは日の目を見ることなく、積み重なった駄作の山の中に埋もれていくのだ。

20180226010947baa.jpg



次にオーバーロード。

こいつも話が飛び飛びで纏まらないのですが、それが仕様なだけに余計たちが悪い。

薬漬けの女だったり、トカゲの性行為シーンだったり、印象に残る部分はあるものの、、

全体的に設定もシナリオもクソつまらなく、何故評価されているのか全く解せないアニメ。

やっぱりなろうはダメですよ、真のオタクならMF電撃。これ以外に選択肢はない!




次いでそれなりに楽しめるというのが、『刀使ノ巫女』と『りゅうおうのおしごと!』。

刀使ノ巫女なんて・・・て思われるかもしれませんが、尻上がりに面白くはなってきているので、見れないことはないです。

一切テンプレから抜け出せないチープ感はあるものの、強敵に立ち向かう女の子達の結束を描いたプロットは最終話あたりでピークを迎えることでしょう。

20180226011920882.jpg


そして推してる方には申し訳ありませんが、『りゅうおうのおしごと!』はこの位置が妥当でしょう。

十分面白いのですが、影響されて将棋を始めてしまうほどの良さは感じられずにいます。

「Machikoのオープニング良いなぁ」  「銀子ちゃん意外と可愛い」  「桂香さんの話泣ける」

出てくるのは小学生並みの感想ばかり。

これは完全に視聴者たる僕の態度が問題であり、

居飛車や振り飛車、あるいは一手損角換わりといった作中の戦法を理論的に理解できれば良いのですが、正直そこまでのモチべはありません。

だから将棋の戦いもただ「勝った」と「負けた」でしか見ることができないのです。

残念なことに僕はロリコン気が一切ない健全な成人男性であるため、この作品に特別な思い入れを抱くことはありませんでした。

201802260121156b1.jpg




さてここからは、毎週楽しみにしているお気に入り作品枠に入って行きます。

特に気に入っている3作品を後に回し、残りの4作品から紹介していきますね。

まずは、、

からかい上手の高木さん』から!

西片君をからかうだけのアニメ。ただそこにからかう側の高木さんの本心が見え隠れして、ついつい夢中になって見てしまう。

単調であるはずなのに、何故か飽きが来ない。

15分アニメで妥当だと思っていたのに、30分が早く感じられる。

高木さんの服装だったり仕草だったり、それに対する西片君の反応だったり、この作品はそういう細かい部分の積み重ねで視聴者のハートを掴んでいるのだ。

20180226012414bbd.jpg


2つ目に紹介するのは、、

三ツ星カラーズ』。

この作品を見ていないのは、今期のアニメライフを損していると言っても過言ではない。

小学生の女の子が3人が東京の下町で正義を名目とした活動を行う、その実態はただの遊びでしかないのだが。

何が良いって、3人のキャラが強いし、台詞回しで笑いがとれることですね。

緩急や間の使い方も上手くて、大したシナリオ展開でもないのに非常に楽しんで見れてしまう。

特に言っておきたいのは、カラーズのリーダー結衣ちゃんがね、あまりに可愛いんですよ。

涼風青葉ちゃんと全く同じ声というのも強みの一つなのですが

それ以上に、基本優しくて泣き虫な結衣ちゃんがボッチを弄られると怒るところ、良さみが深すぎます。

あ、、、ロリコン、では、ないです、よ?

20180226012657d13.jpg



3つ目に紹介することになるのが、意外かもしれませんが『ゆるキャン』です。

一番のお気に入り枠に出てくると思われたかもしれませんが、個人的にどうしても『ヤマノススメ』と比較してしまう。

ヤマノススメには外に出たくなるアウトドアシナリオ、女の子達の微笑ましいやりとりに加えて、成長プロットが存在していた。

苦労や、友達との衝突、挫折を乗り越えた先で見ることのできる景色と感動、このようなパンチがゆるキャンにはない。

自然の中で長閑に過ごす楽しみと、キャンプで食べるご飯の美味しさ等は確かに伝わってきますし、

キャンプに行きたい気にもさせられます。

ただアニメを見終わった際に、居てもたってもいられず気が付けば家の外に出ていた、あの時のような衝撃はありません。

のんびりと構えずに見られる、そんな良作の一つがゆるキャンといった感じです。

20180226013017521.jpg



4つ目に挙げるのは、『スロウスタート』。

放送前に予想した通り、純度の高いきらら作品。

スロウスタートをすこれない奴は素人萌え豚ですよ! どう考えてもゆるふわ日常アニメの要所をおさえた良作でしょう。

何も起こらない、だから良い!

どうでもいいことを話してるだけ、だから良い!!

女の子がきゃっきゃっうふふしてるだけ、だから良い!!!

意地でも男を出さない、部活もしない、バイトもしない、女の子達が楽しく会話してイベントをこなしているだけ。

これこそ真の日常アニメである。

何度も言うが、硬派気取りで頭の固い連中が話すアニメの“内容”なんて、女の子の可愛さで一寸の隙も与えないくらい詰まっているのだ。

2018022601323308e.jpg






さてそれでは、最も推せる3作品の紹介に移りたいと思います!

まずはブログで何度も取り上げている作品、『宇宙よりも遠い場所』。

詳しくは3話放送時に書いた↓の記事を読んでもらいたいのですが
http://pokemonmisaka.jp/blog-entry-862.html

僕の心配を杞憂で終わらすような、毎話面白くて泣けるストーリー。

言い忘れていた花田十輝の特徴として、視聴者を感動させようという意図が丸見えの話を連続で続けて飽きさせてしまうという

まぁラブライブ二期とサンシャインのような失敗パターンがあるので、、、

そろそろそういうプロットは温存しておいて、最終回に上げる方向性に持って行って欲しいですけどね。

絶交回にせよ、南極へ出航する回にせよ、船酔い克服回にせよ、ちょっと良い話が続きすぎて逆に心配。

もうこの作品は名作になれる一歩手前まで来ているだけに、勿体ない終わり方をしないか不安で不安で夜も眠れなくなりそうです。

20180226014656122.jpg



次のお気に入り作品は、ここで『ヴァイオレット・エヴァガーデン』です。

短編に近い形を取りつつも、確かに人の感情が理解できなかったヴァイオレットに変化が感じられて、

シナリオ自体は悪くないどころか、良いと思います。

姫様が嫁に行く話とか、天文台で偏屈な青年の心を開き彗星を見る話とか、亡くなった娘の影を追いかける脚本家の話なんかも、毎話感動的なストーリーを提供してくれます。

何より、京アニの作画演出が神がかっていることは、この作品を他が到達し得ない高みへと導いている。

ロマンチックで感動的で、映像と共に心が揺さぶられるそんな良作だと僕は評価したい。

20180226014633f9a.jpg

2018022601463425d.jpg



最後に紹介するのは、、、

ダーリン・イン・ザ・フランキス』! 名作になり得る器の持ち主。

大抵のオタクが見て評価しているので、今更語る事も少ないですが、、

主人公特異体質型+ロボット物ならではの熱いシナリオ展開、ここまでならよくある作品で終わってしまうところ、

ダーリンインザフランキスはもう半分他の良さを同時に持ち得ている。

それは思春期の少年少女が見せる繊細な恋愛模様という側面だ。

20180226020028ae4.jpg

イチゴちゃんがヒロに抱く感情と葛藤は非常に尊く、またそんなイチゴをゴロウが意識し始めるといった三角関係的展望も見られる。

ゼロツーや叫竜にはまだまだ謎が多く、ストーリーの深みもこれから増していくことだろう。

ダリフラは何せ2クール作品なのだから、このまましっかりと話を積み上げていけば絶対名作になり得る。

視聴者を安心させたところで誰かキャラを欠けさせたら反響は大きいだろうし、キスによる覚醒シーンなんかも最終的な熱い場面にもってこれるでしょう。

もはやどう転んでも良い作品で終わる線しかないような気がします。

これがTRIGGERとA-1タッグの力か・・・ 

基本絵調はTRIGGERでありながら全体的な完成度はA-1の助けで底上げされているといったイメージ。

3DCGにはグラフィニカあたりの強いやつが入ってるし、実績ある監督に実績ある脚本も付いている。

最新話の荒廃した地上の雰囲気も非常に良かったし、黒枠画面の使い分けなんかもオリジナリティがあって良いですよね。

20180226020026543.jpg

20180226020026ee9.jpg

とにかく最大戦力をつぎ込んだ結果、上手く噛み合った名作が生まれようとしている、そんな瞬間に立ち会わないでいられますか。

周りの評判に流されてでもダリフラは見ておけ!これが最後に話しておきたかった内容です。

201802260200278c6.jpg





というわけで、珍しく視聴アニメすべての感想を書くことが出来ました(だいぶスッキリした)

アニメの中間報告をするつもりが、もう8話まできたなんて、、時が経つのって本当に早いですね;

今期の豊作っぷりはマジのガチなので、折角でしたら拾い残しのないよう良作を見届けたいし、皆さんにもそうあって欲しいと思い記事を書きました。

上記にない作品でオススメがあれば是非教えて下さいね!

ちなみに一昨日オタク会議にて、たくのみを勧められましたが、これはどうでしょうか、見るべきか否か。

真礼たそのツイートとOPを聴けば正直満足な気がしなくもない。

もう少し肯定的な意見が集まったら見てみることにします(^_^;)


次回の記事予告はアニメキャラランキングです。

今期推せるキャラ多いから割と選ぶのに苦労しそう()

それでは今日の記事はこのへんにて、おやすみな、おやすみなさい!
プロフィール

ミサカ☆

Author:ミサカ☆
出身:大阪
職業:大学生
趣味:アニメ/声優ライブ/デレステ/野球/バイク/旅行/山登り/ピアノ

とあるアニメの影響でバイクに山登りに趣味を広げつつあるオタクです。

好きなアニメ・・・P.A.&京アニ作品全般
推しの声優・・・水瀬いのり 小倉唯

アクセス数
・・
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

星に願いを・・・

~MATOのgdgdブログ戦線~

MyPACE(旧あきみずブログⅡ)

Feel My Soul

Aiuto!の穴

ポケモンにはまったCHAa3の「厨と言わないで!」

大安な生活

武士道とは・・・

カキさんの面白いものを探し隊

The Blind Side

オタク仲間を作り隊

香港で遊戯王をするツワモノ

誰が為に鍵は威張る

とびひざ外れるので重力してから打ちまーすwww

ストロベリーパーティー~ただしイケメンにかぎる~

こちらポケモン研究所 第一支部

気の向くままに~?

まひろくのだらだら日記!

ななはなの日常

宮廷アリス

ノワールのポケモンブログ

ぜっとん・ワールド

ゲーム好きらふぁの日々迷走ブログ

錐重が切り絵しておりますル

日和の日々

★ Supaku Blog ★

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

着々とポケモン日記

プレミはなかった

やってらんね~ぜっ

どうでも良い一日 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR