今年訪れた観光地番付


二週間更新が途絶えていたどうも管理人のミサカ☆です。

野暮な用事に追われブログを書く精神的余裕が無かったのですが、ようやく大方一段落がついたので

年末に向けてハイペース更新キメていこうと思います!

年末のブログと言えば、“年間アニメランキング”だったり“年間キャラランキング”だったりと、番付に頼りたくなってしまう頃合いですが

今回は更に観光地をランキング化してみました。

今年訪れた場所から特に魅力を感じたスポットベスト10を紹介していきます。




※一般人的感性からして魅力のある観光地を挙げたかったため、アニメ聖地としての側面が強い大洗、沼津、旧豊郷小学校等は除外してます


10位 美山(京都府南丹市)
2017120921310148a.jpg

白川郷の合掌造りを髣髴とさせるかやぶき屋根の集落。

自然に囲まれた日本の原風景が見られるオススメスポットで、川魚に山菜、蕎麦と食も申し分ない。

20171209213058ad8.jpg

老人の懇親会等で目的地になることが多い場所でありながら、実は若者からも人気。

というのも関西随一のツーリング&ドライブスポットでもあり、道中非常に気持ちの良い山道が続いているので、関西住まいの方は是非一度訪れるべきでしょう。




9位 神戸
20171209214901d8c.jpg

神戸と言えどグルメからショッピング、美術館や博物館、ポートタワー等と楽しむ幅が広い。

その中でも個人的に良いと思ったのは主に3つ。

1つ目に神戸異人館
20171209214859963.jpg

アニメの聖地関係なく異国情緒が味わえて、レトロな洋風造りに酔いしれない人はいない。

2つ目に神戸中華街
20171209214901875.jpg

南京町の中華街は他の中華街(長崎、横浜)より客引きが煩く、逆にそれが中国らしい雰囲気を作り上げている。

3つ目に神戸大橋
2017120921490150b.jpg

夜景が見れる穴場スポット。周りには釣りをしているおっさんしかいない。日本で唯一と言って良いくらいカップルと遭遇しない夜景名所ですね。




8位 赤目四十八滝(三重県名張市)
2017120921573723e.jpg

三重県と言いながら、難波から近鉄を使えば1時間で行くことが出来る。

約4kmのトレッキングコースは程よい長さで、様々な滝を見学できる関西随一のハイキングコース。

20171209215740757.jpg

今年の山ガール活動、この一つだけだったな・・・悲しみ;

2017120921573948b.jpg




7位 由布院温泉(大分県由布市)
20171209223604267.jpg

日本を代表する温泉町。

歓楽街化している多くの温泉街とは一線を画す、由緒正しき高級志向な場所。

20171209223606c16.jpg

時間がゆったりと流れているように感じ、癒しが得られます。

どこの宿も目が飛び出るほど高いですが、美味しいご飯を戴き、貸切の温泉に気の済むまで浸かる旅行もたまには欲しいでしょう!

20171209223602585.jpg




6位 城崎温泉(兵庫県豊岡市)
201712092252580e0.jpg

歴史のある趣深い町並みを見学しながら、外湯めぐりで様々な温泉を楽しむ、これ以上ない幸せ!

雰囲気の良さ、バラエティに富んだお風呂を鑑みれば、右に出る温泉街を未だ僕は知らない。

加えて海が近く、新鮮な魚介等が食べられるのもストロングポイント。

20171209225257df3.jpg




5位 博多
20171209230036574.jpg

食に始まり食に終わる、それが博多。

毎晩でも食べたいもつ鍋、屋台で飲む焼酎、〆の博多ラーメン。

強い・・・

20171209230304644.jpg

スイーツのあまおうパフェも非常に美味しかった記憶があり、食だけで5位に上りつめる博多の魅力よ。。

20171209230038c50.jpg




4位 吉野山(奈良県吉野町)
201712092310558db.jpg

日本一の桜の名所。その歴史は平安以前にまで遡り

修験僧がそれぞれの信仰を胸に植林した桜の木が、悠久の時を経て受け継がれ、今も色とりどりに花を咲かせる光景は圧巻。

201712092310543e1.jpg

ただの綺麗という言葉だけでは済ますことのできない歴史の重みが、吉野を形作っています。

日本人で良かった、、、と思ってしまうような場所です。

201712092310537d6.jpg




3位 日南フェニックスロード(宮崎県日南市)
20171209233000832.jpg

宮崎、いや九州、いや日本を代表するドライブコース『日南フェニックスロード』。

宮崎市から都井岬まで至る道路のことをフェニックスロードと呼び、海風を浴びながら、信号のない海岸線をひたすら走る気持ちよさは体験してみないと分かるまい。

都井岬に到達すると、野生の馬がお出迎えしてくれるという非常に珍しい光景を見ることが出来る↓↓

20171209233650cf9.jpg

そしてタイトな山道を登って行けば最高の景色が待ってくれている。

20171209232959fa8.jpg




2位 阿蘇山(熊本県阿蘇市)
20171209234154e08.jpg

阿蘇はその雄大な景色で100杯ご飯をおかわりできる。

20171209234155087.jpg

草の絨毯に寝転んで、空を見ながら永遠に眠っていられるような気がする。

201712092341577f7.jpg

端の見えない広大なカルデラを眼下に、普段狭いコミュニティ内で生きる苦悩を洗いざらい浄化してもらう為に阿蘇へ行く。

2017120923415822b.jpg




1位 五島列島(長崎県五島市)
201712092355123df.jpg

点数を付けるならダブルスコアで優勝、それくらい圧倒的だった観光地。

20171209235705a70.jpg

透明な海、真っ白な砂浜、真っ青な空!

20171209235704287.jpg

両面ひまわり畑に囲まれた道があれば

201712092355146a2.jpg

風車へと続く砂利道なんかもあり

20171209235514afb.jpg

タイトな峠道を登って行けば、島ならではの岬の光景が眼下に広がり

201712092355177d8.jpg

海に背を向け山を上って行けば、寝心地の良い原っぱが現れ、振り向くと青い空と海が見える。

201712092355194e0.jpg

一言で言えば移住したい。

こんな場所で少年時代を送りたかった。

最も思い出深い旅をしたいなら、是非五島列島へ赴くことをオススメします。







というわけで、九州勢の出来レースか?と思ってしまうようなランキングでした。

今年だけで4回九州行ったから多少は、、、ね?

他にも名古屋や富山等も候補にありましたが、惜しくもランク外。

非常に偏りの強い番付になってしまいました。

去年に訪れた観光地なんかと比べてみると、かなり段違いな感じが?

海外ではオーストラリアとアメリカとフランスに行き、国内では札幌、那智、飛騨高山、白川郷、金沢等に行って

聖地巡礼も宇治、大洗、沼津と回収し、山ガール活動では伊吹山、比叡山、御手洗渓谷、金剛山、妙見山と登山した

あの行動力、資金力は何処へ・・・

まぁ原因は自明なんですけどね。

今年から声優ライブとバイクにのめり込んだせいに違いないでしょう・・・

来年は大学最後の年。

後悔のないよう、色んなとこに旅に出て、色んな思い出を作って、そして学生生活を終えたいです。

バイクへの投資は一段落し、オタクライブも最近とある悲劇を機に脱声優オタしたので激減するでしょうから・・・

浮いた予算は全部旅行につぎ込むぞ( ̄^ ̄)ゞ

さらばいのり、こんにちは脱オタライフ!

---47都道府県制覇に向けて---


大学生のうちに日本全国47都道府県を旅する計画、先日行ってきた福井旅の報告と今後の予定について話していきます。


福井に行った日は久々の青天霹靂、心地の良い秋空の下バイクで日本海沿いを走ってきました。

近所に住む工学部のオタク先輩をお誘いしてのツーリング旅(^^♪

20171104234830e3a.png

行きは琵琶湖の方をぐるっと周りつつ北上し、帰りは美山の方から抜けて大阪まで帰ってくるルート。

先導は不肖僕が務めさせて頂いたのですが、道に迷うこともなくツーリングを遂行できたので良かったです(^_^;)


福井で観光したとことと言えば

まずドライブウェイとして人気の“三方五湖レインボーライン”↓↓

20171104235513a21.jpg

ヘアピンコーナー等もあって、走りごたえのある山道って感じでした。

その後、緑がかった日本海を眺めながら西に移動し↓

201711042355140be.jpg
201711050002292e0.jpg


小浜のフィッシャーマンズワーフに到着。

お土産&市場&飲食店等が一体化した施設で、そこで食べたかわはぎ丼(\1500)が非常に美味でした↓

20171104235516502.jpg


フィッシャーマンズワーフからは小浜湾&若狭湾を周航する遊覧船が発着していて、

日本海の荒波によって形成された奇岩・洞門を見学する“蘇洞門巡り”が楽しめます↓↓

201711042355161d7.jpg
20171104235524607.jpg
20171104235519b70.jpg

これだけ観光すれば福井を旅したと言ってよいでしょう!

20171105000906e61.png

上記の地図の通り、都道府県制覇状況が27/47と、正直言ってこのペースでは終わらないのでは?という危機感が生じ始めたこの頃です。

ですので残りの県を旅する大方のスケジュールを組んでみました↓↓

来週 栃木観光 (日光東照宮、華厳の滝、中禅寺湖など)

来年 四国一周ツーリング (大歩危、四国カルスト、四万十川、道後温泉など)
     宮城~福島~山形 18切符旅 (仙台、会津若松、銀山温泉、蔵王温泉あたり)

来年 沖縄旅行
     鳥取&島根 神話を辿る山陰ツーリング (鳥取砂丘、白兎海岸、出雲大社、宍道湖など)

来年 山口ツーリング (秋吉台、角島、下関のふぐ)
     山梨 (富士山登山)

来年 広島旅 (尾道、竹原)
     上信越&秋田青森岩手ツーリング 
     (松本、草津温泉、瓢湖、平泉、弘前、奥入瀬渓流、恐山)



こうやって見るとかなりのペースで行かないとしんどそうだなぁ、、

来年は海外旅行と北海道ツーリングにも予算を割きたいですし、学生生活を延長でもしない限り不可能な気がしてきたぞ・・・(不穏)


上記の計画では、今のところ四国ツーリングしか一緒に行く人が決まっていないので、

どなたか共に旅してくださる人がいれば涙を流して喜びます。。

一人旅は苦手、と言いますか、まだやったことがないんですよね(^_^;)

一人が嫌いなわけではないのですが、腰が重くなってしまって結果行かずじまいという・・・

まぁ感動を共有する人がいる方が楽しいことに違いありませんしね!

ではでは、旅の話はこのへんで、、

また来週の関東ツーリングから帰ってきたら、旅行記事も書きたいと思います

Fate聖地巡礼と神戸の街散策


10/14公開の『Fate/stay night Heaven's Feel』に合わせて聖地巡礼に行って参りました~。

いや~映画制作が決定してから3年も待っただけあり、全身鳥肌が立つどころか、一種の畏怖の念すら感じられ、身の毛もよだつほどの完成度でしたね。

積み重ねてきたfateシリーズの重みが凝縮された130分で、見終わった時には満足感に加えて、

多大な疲労感に苛まれるくらいのめり込んでしまっていました。

今作品の肝である、間桐桜ちゃんはまだまだ本領発揮せずといったところでしたが、着々と“何かがおかしい”聖杯戦争(もはや決まり文句)が進行していき、不穏で絶望的なストーリー展開の下積みを終わらせた感じの現状ですかね。

2017101517544159d.jpg


今回はそんなFate HFの感想を書き綴っていく

というわけでなくて、fate stay night及びfate zeroの舞台になっている神戸を散策してきたので、主に舞台探訪の観点から記事を書いていこうと思います(^-^)/




まずは何と言っても神戸北野異人館に行かねば話が始まらない。

Fate stay night UBWのメインヒロインである遠坂凛ちゃんの実家があり、

また、ゲームの背景に使われた町並みもこの異人館周辺にあたります。

2017101515131917f.png
201710151513216e8.jpg

イリヤちゃんのバーサーカーに襲われる、教会からの帰り道。

イリヤちゃんいないかな・・・イリヤちゃん似の小学生歩いてないかな・・・とか言ってたら流石に友人にドン引かれました(;_;)



この坂道を上って行くと、左手に教会がありましたが、この神戸北野教会は作内に出てきたものではなさそうです↓

20171015151831e84.jpg


自慢の健脚で更に急斜を登って行くと、これもまたゲームに出てきた一カットを発見↓↓

201710151521180d5.png
2017101515212074d.jpg


多少お洒落さが上乗せされていますが、一致箇所も多く、確実にここだと断言できる場所ですね~。

実はアニメから入ったニワカで、ゲームも未プレイなため、どこのどういうシーンかは分かりません(´・_・`)




次に異人館の屋内を見学していきます。

うろこの館”が本来の目的地だったのですが、

適当にチケットを購入したところ、他の館もセットのチケット(その分値段が高い)になっていたので・・・適当に全部見て周って行きましょう。。

坂の上の異人館
20171015153948379.jpg

旧中国領事館で清朝時代の骨董品や美術品が多く飾られている。


北野外国人倶楽部
20171015155029647.jpg
2017101515502826d.jpg

こじんまりとした隠れ家的な外観に対して、内装は豪華絢爛、アニメに出てくるお嬢様が食事していそうな部屋もありました。

20171015155025344.jpg


山手八番館
20171015155910b31.jpg
20171015155909525.jpg

東洋と西洋の文化が入り混じった異様な空間。部屋の隅に、目を瞑って合掌し祈りを捧げる女性がいて、奇妙な館でした。


うろこの家
20171015155912b3f.jpg

いよいよfate stay night に登場した異人館の一つを見学していきます!

fate聖地の中でも最も象徴的なスポットが↓の一室。

20171015161531015.jpg
20171015161333815.jpg

遠坂凛邸の内装のモデルで、アーチャーが召喚された際にふてぶてしく座っていた場所ですねw

あぁ、、凛ちゃんがそこにいる気がする、、凛ちゃん、、はぁ(´д⊂)

201710151613348b7.jpg


内装はうろこの家にモデルがありましたが、遠坂邸の外観はここから更に5分ほど歩いたところにある風見鶏の館がモデルとなっています。

2017101516321779d.jpg
2017101516321509c.jpg

またアニメキャラの実家訪問を達成してしまった。これで何人目だ?10人目くらいか?

ちなみに↑の画像は左右反転しています。

実物のままでは作内の描写に綺麗に一致しないので注意が必要です(^_^;)


風見鶏の館は異人館の中でもメインスポットのような場所で、流石に観光客が多かったですね。

内装も一応zeroのシーンで出てきたのですが、あまり印象的な場面でないので割愛し、次の目的に移動




道中にあったスタバも凄くお洒落で目に留まったので↓↓

20171015164219780.jpg

そして異人館から20分程歩いたら、ホテルモントレというこれまたfateの巡礼スポットに到着~~!

20171015164223612.jpg
20171015164221092.jpg

ufotableのstay night UBWにて言峰綺礼がキャスターに襲われたシーンもこの場所だったような。

宿泊客ではなく恐れ多いのですが、中もそーっと見学させてもらうことに↓↓

20171015164220590.jpg

この場所もやはり綺礼に関係するシーンで多く使われているのに加え、

凛のお父さん遠坂時臣がギルを呼び出したシーンでも登場しています。

20171015164640d46.jpg
20171015164222a7b.jpg

他にも愉悦部屋など、回収したいシーンもあったのですが、周りの客層を見てもブルジョワ階級のような人が多く

あまりうろちょろしても申し訳ないので未回収です!

お金持ちの人は是非宿泊して、じっくり巡礼してみてください~ヽ( ´_`)丿




次に再び10分程歩いて、神戸観光に欠かせない、南京町神戸中華街にやってきました↓↓

201710151651589b3.jpg

この場所は作品と直接の関係は有りませんが、

それでも遠坂凛ちゃんが中華料理得意という設定だったり、言峰綺礼麻婆豆腐大好きな設定だったりには影響を与えているのでしょうね。

20171015165159bba.jpg

台湾の九份を彷彿とさせる光景。

20171015165201091.jpg

客引きが煩いのがアレですが、それはそれで中国っぽい気がしなくもないですw

さぁfateの巡礼で中華街に来たのだから、やはり麻婆豆腐は欠かせないですよね。

20171015170432417.png


・・・

20171015165201243.jpg

全く関係ないものを注文した無能ぽく!

友人はきっちり麻婆を注文していたので、せめて写真ぐらい撮らせて貰って、「麻婆豆腐食べましたよ!」と偽装すれば良かった・・・orz

ちなみに余談ですが、このお店の客引きをしていた台湾人?の女の子が凄く可愛くて、、、

一度目は店前を通り過ぎたのですが、一生懸命に勧誘している健気な姿が忘れられず、戻っていったところ

満面の笑顔で「おかえりなさい!」と迎えられ、僕は死にました。また行きます。




気持ち悪いオタク臭を隠しきれない話は、これ以上掘り下げても誰も得しないので、、、

最後にfateの世界観のシンボルとも言える赤橋、神戸大橋へと移動していきます。

201710151705365f8.png
20171015170746ed4.jpg

fateシリーズにおいて、あまりに何度も出てきた神戸大橋はわざわざカットを合わせる必要もないか。。

20171015171057ef6.jpg
201710151709160ce.jpg

橋の上でも何度か戦闘が繰り広げられましたよね↓

2017101517091070c.jpg

対岸に見える神戸の夜景も綺麗で、聖地関係なく良い場所。

201710151709128f5.jpg

夜景といえば、うっ頭が・・・

函館、麻耶山、稲佐山、、、、旅行に行ってもつい避けてしまう魔境スポット。

そう、普通ならカップルが蔓延る忌まわしき場所と化しているのですが、このポートアイランド公園は違いました。

海に向かって竿を振っているおっさん共しかいない。騒ぎ立てるパリピなんて一人もいない。

聖地巡礼スポットとして申し分のない場所、それが神戸大橋なので、ぜひぜひ訪れてみてはいかがでしょうか??


(ついでにバイクで来た記念写真も↓↓)
20171015170913fd1.jpg
201710151709142fd.jpg





はい。勘の良いfateファンならお気づきかもしれませんが、、何か足りないんだよなぁ。

・・・

今回は衛宮邸弓道場のモデルを周れていません!!

20171015172130748.png
20171015172132187.png

というのも、この二か所は少し離れた明石に存在していて、神戸を周り終えた時点で日が暮れていたので断念してしまいました(>_<)

近いうちに必ず訪れて、今書いているこの内容と差し替えておきます

そして、fateのモデルになった場所は他にも、愛知、東京、神奈川、北海道と各地に点在しており、

まだまだ巡礼し終えたと言い切ることはできないのですが、、、、


一つ、知らないうちに巡礼していた他県のスポットがあったのです! それがこちら↓↓

201710151726154a3.jpg

言峰綺礼の教会、結局分からずじまいだったなぁ・・・・ ん?でもなんか見覚えあるぞ・・・

それも最近どっかで見たような・・・教会・・・教会・・・・・・あ!!



20171015172615660.jpg

8月の長崎旅行の時に訪れた“大浦天主堂”やん!!

てな感じで(^_^;)

偶然にも聖地回収していたことには本当に驚きましたw

ていうか長崎で気付かなかった時点でfate好きは名乗れそうにないですね笑


他にも一応、以前きんモザの巡礼でイギリスに行った際に、fateの事は頭にあって

ロンドン及び、魔術学校のモデルとなっている大英博物館等には足を運んだのですが↓↓

201710151733595f1.jpg
20171015173928520.jpg

20171015173357070.jpg
201710151739348e7.jpg
(↑の図書室は大英博物館内にあるのですが、不運にも改装中で入れませんでした)



fateの舞台はまだまだ残っていて、

イギリス西部のグラストンベリーにある、アーサー王の墓が未回収だったり

201710151733582e0.jpg

アインツベルン城のモデルがドイツのノイシュバンシュタイン城であったりということで、、、

聖地制覇が最も難しいのではないかと思われるfateシリーズ。

それでもいつかは成し遂げてみたいと密かなる野望を抱き、この巡礼記事は【続く】という形で締めくくらせて頂きたいと思います。

先にfateシリーズが完結するか、先に僕が聖地制覇するか、勝負ですね。

・・・

ん、

fate apocryphaで新たにルーマニアが追加されたんだった(^_^;) ムリぽorz

長崎・五島列島旅行~後編~


長崎・五島列島旅行~中編~


【4日目】

今日も今日とて快晴だ(^O^)/

20170909215028be0.jpg


そろそろ愛着もわいてきた原付バイク君と最後のドライブを始めます。


福江島の南東部を散策していきますが、左右に何もない、車もいない、一直線の道路が続いていて


まるで北海道ツーリングにでも来たかのよう。。


20170909215029197.jpg


展望台に立ち寄り、海岸線を眺めることに。


20170909215030529.jpg


この場所は『鐙公園鐙瀬溶岩海岸』といって、噴出した溶岩が固まってできた独特の地形をしています。


海岸一帯が亜熱帯森林になっているのも特徴的ですね。


2017090921503574a.jpg


なんかハワイにでも来ているみたいだなぁ・・・


ちなみに↓が拾ってきたハワイの画像(溶岩海岸)

IMG_0014_edited.jpg


何ら変わらない。


海も綺麗し亜熱帯だし、和製ハワイ島と名付けよう


海風に吹かれながら物思いにでも耽りたい場面ですが、現在8月24日天気は晴れ。


真夏日の炎天下のもとではそれどころでもないので、次の目的地に移動していこうと思います



海に背を向け後ろを振り返れば、そこには木が生えず独特な見た目をした鬼岳が。


201709092150310e0.jpg


この山も福江島では外すことのできない観光地なので、山頂付近まで上っていこうと思います!!



バイクを走らせること20分。。


舗装された道が途切れたら、あとは徒歩で草原の道を行きます

20170909221146d11.jpg


気持ち良さ(* ´ ▽ ` *)


201709092211451ad.jpg


難なく登頂しました~~~~~♪


どうですかこの景色・・・


雲が近くて、黄緑の草絨毯の先には青く光る海が見えて・・・


福江島の中でも最もお気に入りの場所かもしれない。。。


実はこの場所、ゲーム蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1の聖地でもあるという。


そのシーンというのがこちら↓↓


as12_20170909222030919.png
as13.png


シナリオ最後の場面。星空のもと、ましろちゃんとのデートを締めくくるシーンでございます。


作内でも“鬼ノ岳”として紹介されているので、100%間違いないですね!


ゲームでは星空だけど何で昼に来ているんだよ、と言われるかもしれませんが、


実は昨晩の夜ツーリングでこの場所に足を運んでいたのです。


そして肝心の、作中通り綺麗な星空が見えるのかどうかというレポートですが・・・・


・・・・・・


“マジ”で一面光り輝く星空が見られます!!


残念ながら僕のカメラ装備ではそれをお伝えすることができなかったのですが、観光サイトの画像を引用させてもらうと↓の感じ


image_20170909223040c55.jpg
(https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&ved=0ahUKEwjY1KHumZjWAhUJV7wKHUOzAfoQjhwIBQ&url=https%3A%2F%2Fwww.nagasaki-tabinet.com%2Fcourse%2F61990%2F&psig=AFQjCNF820rt15F_RBTAOCaDC0yY6JaTsA&ust=1505049841536397)


あらためて、あらゆる綺麗が揃っているなぁと感動(´ω`人)


今までそれなりに旅してきましたが、、


その中でも最も心惹かれた場所だったかもしれません






〆にかかっているような流れですが、この日はフェリーで長崎に帰る前に、細かい聖地を回収しておくことにしました。


まずは鳶沢みさきちゃんの実家↓↓ (市街地中心にある武家屋敷通り)

20170909223521e0f.png

201709092211480ba.jpg


商店街↓↓

201709092235149f0.png

20170909221148d5d.jpg


大円寺↓↓

2017090922351742c.png

20170909221147751.jpg


再現度はボチボチといったところですが、確かに作品の匂いが感じられて、個人的には非常に大満足な聖地巡礼となりました。


EXTRA1に関しては、たまたま発売日の直後に訪れることが出来た僕達が第一巡礼者としてレポートすることができましたが、


まだまだ未発見のカットが残された探検しがいのある聖地だと思います。


作品通り、空と海が綺麗で、草原も山も星もひまわり畑も夏が感じられる全てがそこにあって、


それでもって人が親切で飯が美味しく、だからといって観光客で騒がしくない、長閑な島の暮らしが残っている素晴らしい場所でした。


この記事で興味を持たれた方は是非是非、福江島に足を運ばれることをオススメいたしますp(*^-^*)q


20170909224729c9d.jpg






昼過ぎくらいに原付バイク君と涙のお別れをして、フェリーで長崎市の方に戻ってきました。


もうやりきった感がありますが、時間を持て余したので淡々と市内の観光地を見て周ります↓↓


・オランダ坂

201709092249357ad.jpg

札幌の時計台、沖縄の守礼門と並んで、日本三大がっかり名所として紹介されることの多いオランダ坂。

確かに特に見所もなく、そして短く、何の感傷も抱かないまま上り終えてしまいましたw


・グラバー通り

20170909224936ce3.jpg

西洋風の街並みが楽しめます。

そしてこの坂を登っていくと現れるのが・・・


・大浦天主堂

20170909224936fd9.jpg

日本で教会を見ても何も感じたことがありませんでしたが、ここだけは荘厳さというか存在感というか、形容し難い雰囲気を感じました。


・祈念坂

大浦天主堂の脇に逸れた細い路地が、祈念坂と呼ばれるスポット。

個人的にここが最も「長崎の坂道」というイメージに合致していて、かつ写真映えする場所だった気がしたので

いくつかお気に入りの写真を貼っておきます↓↓

2017090923073448e.jpg



20170909230734f71.jpg



201709092307374eb.jpg


いかにも映画のワンシーンに出てきそうな光景で、異国迷路に迷い込んだようですね~





市内を存分に満喫した後は最後の晩餐の時間。


初日に訪れた長崎新地中華街にてネットの評価を見ずに適当に店を選び、『会楽園』という料理店に入ったのですが


201709111429228ad.jpg

20170911142919a13.jpg


全然美味しくなかったw



外観がしっかりしていて、客入りも良いのにハズレとは、、、 長崎新地中華街では大人しく江山楼に並べって教訓ですね(^_^;)


最終日の夜ってことで、まぁ1軒で終わる気もなく、アパホテルにチェックインして付属の居酒屋的な所に入ってみました。


20170911142919cb0.jpg


またまた全然美味しくなかったw


サラダとトビウオ焼きしか注文していませんでしたが、個人的にこの店はダメだって直感がしてテンションダダ下がりしていたところ

相方が察してくれてすぐ店を出ることに。


それで辿り着いたのが地元客が通う活気のある居酒屋でした。


なんか独特のルールがあって困惑し立ち尽くすも、地元の方が絡んできてくれて、適当に話していたら


店の大将も人生的なことを語ってくださり、おまけの料理も出してもらいました( ^ω^ )


旅先ではこういうのが良いんだよなぁ。。


終わり良ければ全て良しとはまさにこのことで、前の二軒のことはすっかり忘れて口直しもすることができたので良かったです






【5日目】

この日は昼の飛行機で帰るだけなので、大したことはできませんでしたが


周り残した観光地↓↓


眼鏡橋

2017091114444256c.jpg





出島

20170911144445ff5.jpg


だけ足を運んでおきました。


まぁ特別何の感慨もわかない場所だったかな・・・


長崎は本当に良いところなのですが、市内は大して周るべき場所が無いように感じますね。


強いて挙げるなら昨日行った「大浦天主堂」と「記念坂」くらい?


それもわざわざ他府県から見に来るほどではないので、やはり長崎旅をするなら離島しかないでしょ!って改めて思いました


以上が夏休み一発目の旅の日記となります!


初っ端から凄く楽しめましたし、あとが心配になるくらい散在してしまいました(^_^;)


国内旅行にしてはお金のかかる場所ですが、


“移動時間”と“お金”という対価に見合うだけの価値があったので、


来年の夏にでも、ぜひ福江島を訪れてみてはいかがでしょうか??^^



4日目・5日目に使ったお金→¥23000
交通費 ¥11500
宿代 ¥5000
食費 ¥6500





今回の旅で使ったお金を合計すると・・・


¥84600


流石に使いすぎました・・・;

長崎・五島列島旅行~中編~


長崎・五島列島旅行~前編~


【3日目】

前日にある程度福江島を周り終えたので、この日は中通島を観光することにします。

201709062256033e2.png

南北に伸びた形状の中通島ですが、フェリーの港が島の南端であるのに対し


目的地は島の北端にある部分。


この辺りに、『蒼の彼方のフォーリズム』に登場した部室(バス)のモデルが実在するとの噂を聞きつけ、


201709062307212f8.png


非力な原付バイクで片道50kmの道のりを縦断して参りました。


“50km”程度の障壁に臆するようでは、聖地巡礼オタクなんてやってられませんよ(*・`ω´・)ゞ



フェリーにレンタルバイクを乗せて中通島に上陸し(\1500くらい)、早速島探訪を開始します!

20170906231656bcb.jpg


島の道は適度にタイトなカーブが連続。アップダウンも激しく、ワインディングが楽しめるコースかと思います。


見下ろせば常に眼下に広がる入り江の風景。


2017090623190032c.jpg


少し本道を逸れただけで、狭くて急勾配の道が出現します。


20170906232452a9a.jpg


1時間も山道を走ると流石に疲れがきたので、海を眺めてほっと一休み。。


201709062319037c9.jpg


常に山と海に挟まれながらツーリングできるのが、中通島一番の魅力かもしれません。


正直に言えば福江島ほど見所や観光名所があるわけでもないですし、


バイクでワインディングを楽しむことこそがこの島を訪れる理由になり得るかと思います。


20170906232454542.jpg


北に向かうに連れどんどん車が少なくなり、もはや自分たち以外に人がいないような気さえしてきました。


原付バイクでもスロットルを全開すれば、最低限のスピードは出るし楽しい。



ところで、目的地に向かう道中で見かけた↓の標識。

20170906231859e9e.jpg

青方という地名が私すごく気になります!


この島を舞台の一部とする、蒼の彼方のフォーリズムという作品。


蒼の彼方、青の彼方、青方・・・


お、偶然か!?


疑り深いオタクなので何でもアニメと結びつけてしまうなぁ。。。


まぁ地名が作品名に影響を与えることなんてないでしょうけど、少なくとも舞台であるという片鱗を覗くことができました(。-_-。)





そんなこんなで2時間くらいかけて島の北部に到着~~


問題はここからで、例のバスが置いてある場所が詳しく書かれたサイトが一つもないんですよね・・・


つまり自力で探すしかないというわけです。


ところが、


どれだけバイクを走らせてもそれらしいバスは見つからず、


ここまで来て収穫無しではあまりに虚しいなと、躍起になって探すも見つからず、、、


帰りの時間もあるので(フェリー最終便が15時台)、口コミ調査を開始することにしました(=゚ω゚)ノ




町の郵便局に入ってみると、受付におじさんが一人。


僕「あの、少しお尋ねしたいことがあるんですけど、、、この辺りに放置されている廃バスがあったりしませんか?」


おじさん「あーそういえばどっかにあったね、、今も残ってるかは分からないけど、ここらへんかなぁ~」



っと地図を使って親切に話してくださる郵便局のおじさん。


おじさん「それにしても何でわざわざこんなもの見に来たんかい?」


僕「えっと、ネットでちょっと話題になって・・・」




そこに慣れた感じで挨拶しながら入ってきたおばさんがその話を聞いて、


おばさん「あ~!そのバスまだあるある。この場所よ。確かなんかのアニメに出てきたんだって??」


とこれまた親切に教えて下さる島の人。


ああアニメって知られているんだ・・・と肝を冷やす僕と友人。


でも唯一救いだったのが、“アニメ”であって“エロゲ”じゃなかったということ。


勝手に気まずい想いをしながら、何度も御礼を言って郵便局をあとにしました(^_^;)



結局教えてもらった通り、一本松という場所にて廃バスを発見↓↓


20170907123811686.jpg


水色のラインが入っているあたり、モデルであることことが確信できますね↓↓


201709062307212f8.png

20170907124236555.jpg


“舞台巡り”というアプリにて、きんいろモザイクコッツウォルズが最難関探訪聖地として紹介されていましたが


アクセスの悪さ、発見の難しさを鑑みると


この蒼の彼方のフォーリズムも同等の難易度なのではという気がしてきますヽ( ´_`)丿


ただし、辿りつくのが難しければ難しいほど、見つけた時の喜びは大きい・・・


満足した僕達は『五島うどんの里』という所で、今旅2回目の五島うどんを食べて島を後にしました。

201709062318587a5.jpg

(補足:五島うどんとは、トビウオを使ったあご出汁に、細くて薄いのぺっとした麺を入れたご当地料理です。)




この日は夜の島ツーリング等を更に楽しみ、

夜飯に海鮮炒飯(\850)(上海中華料理店)(激うま)を食べ

20170907125333105.jpg


その後、地元の居酒屋で暴飲暴食して1日を締めくくりました(*^_^*)


20170907125332e54.jpg


明日は五島列島最終日。周り残したところを隅なく回収していく予定です(後編につづく)


3日目出費 ¥16800 (今旅合計¥61600)
交通費&燃料費 ¥3500
宿代 ¥7300
食費&その他 ¥6000

プロフィール

ミサカ☆

Author:ミサカ☆
出身:大阪
職業:大学生
趣味:アニメ/声優ライブ/デレステ/野球/バイク/旅行/山登り/ピアノ

とあるアニメの影響でバイクに山登りに趣味を広げつつあるオタクです。

好きなアニメ・・・P.A.&京アニ作品全般
推しの声優・・・水瀬いのり 小倉唯

アクセス数
・・
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

星に願いを・・・

~MATOのgdgdブログ戦線~

MyPACE(旧あきみずブログⅡ)

Feel My Soul

Aiuto!の穴

ポケモンにはまったCHAa3の「厨と言わないで!」

大安な生活

武士道とは・・・

カキさんの面白いものを探し隊

The Blind Side

オタク仲間を作り隊

香港で遊戯王をするツワモノ

誰が為に鍵は威張る

とびひざ外れるので重力してから打ちまーすwww

ストロベリーパーティー~ただしイケメンにかぎる~

こちらポケモン研究所 第一支部

気の向くままに~?

まひろくのだらだら日記!

ななはなの日常

宮廷アリス

ノワールのポケモンブログ

ぜっとん・ワールド

ゲーム好きらふぁの日々迷走ブログ

錐重が切り絵しておりますル

日和の日々

★ Supaku Blog ★

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

着々とポケモン日記

プレミはなかった

やってらんね~ぜっ

どうでも良い一日 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
12 ≪│2018/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR