WELCOME TO とある廃人のゲーム日記!!~TOPページ~

ようこそ!! ブログ訪問ありがとうございます

ブロ友&相互リンク大歓迎!!

ブログ概要: アニメ 旅行 聖地巡礼 バイク 野球等々

このブログはブログ主が気まぐれに、思うがままにアニメや遊戯王に関することを書いていきます!!

色々な視野から語れたら良いなぁと思ってますので、記事へのご意見&批判などご気軽にコメントください^^

アニメ
一季少なくとも10作以上見てます!

聖地巡礼記事 まとめ ←更新日(H29 5/10)
個人的アニメランキング ←更新日(H29 5/7)
個人的キャラランキング ←更新日(H29 5/1)

野球
野球記事は主にプロ野球についてです~
巨人ファンなので巨人の記事が多め♪

冴えない彼女の育て方13巻 感想 


昨日10/20、とうとう冴えない彼女の育て方の最終巻が発売されましたねー!

20171021173531686.jpg

個人的に納得のいく終わり方であったことと、改めてこの作品の特異性に関心させられた13巻でした。

まずは軽く“特異性”という話に触れておくと、冴え彼女は物語を作るキャラ達をさらに上の次元(現実の作者)から描かれた作品ですよね。

つまりはキャラクターであるはずの登場人物たちが、更に物語を作ってキャラを動かすという二重構造になっています。

これは別段珍しくないと言いますか、まぁ他に例がないこともない。

しかし、今回倫也くんたちが描いた話はどうだったでしょうか。

彼らが描いている作品は自分たちの投影であり、そこに出てくる登場人物達もまたゲームを作成している。

キャラがキャラを描いて、そのキャラがまたキャラを描くという事態が発生しているのです。

それでは倫也君および加藤恵ちゃん達が描くゲームに出てくる、巡璃ちゃん達はどんなゲームを作っていたのか。

これもまたゲームを作る自分たちをテーマにしたシナリオですよね。

作者がキャラ(加藤恵)を描いて、キャラ(加藤恵)がまたキャラ(巡璃)を描いて、そのキャラ(巡璃)もキャラを描いていて、そしてそのキャラも・・・と

無限に続く覗いてはいけない深淵が広がっているように感じました。

この点は考えてもきりがないし、別段この作品の本質でもない、恐らく作者自身も気づいていないことだと思うので

作品の魅力や特徴として語るのではなく、ただ“特異性”として話すにとどめておきたいと思います。

20171021173612b38.jpg




次に納得のいく終わり方だったという部分について、お話していこうと思うのですが

まず前提として僕は澤村・スペンサー・英梨々を推しています。

言わずもがな負けヒロイン確定の歩みを進めてきたキャラクターですよね。

だから僕が最も強く抱いていた関心事としては、英梨々及びその他のヒロインの扱いをどうするのか、ということでした。

ただ加藤恵と結ばれて終わるだけでは、個人的に許せなかったのです。

それでは、この最終巻において英梨々はただのよくある負けヒロインで終わったか―――否、倫也くんが恋心を抱いた対象として書かれていました。

初恋の相手として倫也君は認め、そして英梨々もそれを認識して、最後にお互い別の方向をむいて歩いていく。

英梨々と結ばれなかった結末に主人公は後悔を隠しきれず、涙と共に感情を吐露したシーンは非常に印象的で、予想外にファンを納得させてくれたシナリオだったと思います。

道を踏み間違えなかったら、英梨々と結ばれる世界があったんだろうな、と切なくもどうしようもない恋の終わり。

報われなかった最後のヒロインの表情もシナリオに合致する渾身の挿絵でした。

「誰かを選ぶってことは、誰かを選ばないってことだ。」と、どこかの偉い人も語るように

加藤恵を選んだ結末にのみスポットライトを当てるのではなく、残りのヒロインとの関係性も、読者がそれを読んで胸が締め付けられるような終わり方で締めくくったのは本当に素晴らしいと思わざるを得ない。

20171021174158d8d.png





納得のいく終わり方だったという点ではもう一つ、加藤恵及びエピローグについても触れて置かなければならないでしょう。

何もしていない主人公が将来まで約束された、希望に満ち溢れた終わり方をするのはおかしい、

と詩羽先輩に語らせた通り、

倫也くんは浪人し、加藤恵は大学進学。

そして互いに好きな気持ちを確かめつつも、特別関係性を進展させることも無く、何気ない会話でエピローグを締めくくりました。

幸せな後日談は絵空事に感じられる、という作者の自論を理解していたからこそ、納得して読み終えることが出来る終わり方でしたね。

詩羽先輩にその一節を語らせていなかったら、もしかすれば僕は腑に落ちないエンディングに感じていたかもしれません。

20171021174411b69.jpg




このようなストーリーは、消費する側に限りなく近い視点を持ちながら作家を務めてみせた、丸戸さんの凄さによるものだと思います。

今まで散々語ってきたことに加えて、

王道”(毒舌黒髪お姉さん&ツンデレ金髪ツインテール)を敢えて採用しながら、それを“ありきたり”として終わらせなかった点

あるいは加藤恵という普通の女の子を最も魅力的なヒロインに昇華させてみせた点

加藤恵と霞ヶ丘詩羽先輩、澤村・スペンサー・英梨々が互いの性格に引っ張られながら独自のキャラに変貌していった関係性等

素晴らしい点を挙げればきりがない。

二次元キャラクターに対する理念をとことん追求して書き上げられた作品、それが『冴えない彼女の育て方』だったように感じます。

最高の“萌”を与えてくれた丸戸さんには感謝ですね。

次作を書かれるのかは分かりませんが、キャラの可愛さを突き詰めた境地に辿り着いた丸戸さんでしたら

またどうしようもなく心の惹かれる作品を生み出してくれるでしょう(*^_^*)

2017102117440981b.jpg




好みの近いオタク

「う~ん、この人となかなか好みが合わない!」

オタクと話している時こう思うことって結構ありませんか?

やはりアニメに嵌ったきっかけや育ってきた環境が違うと、全然違った価値観を持っていることが多い。感性も違う。

僕は中学校からオタク文化に理解のある特異な環境で育ってきました。

けいおん」視聴率が90%を超えていたり、授業中にラノベ(とある魔術等)を読んでいるオタクが大量にいたり、、

特に酷かったのが自分が所属していた野球部で、

ベンチ&背番号も貰えない組は部活をさぼってカードショップに行く。

主力組も試合に負けた時に、「アニメの見すぎでボールが二次元に見えた」と言い訳したのは未だに忘れられません。

20170524142441eeb.jpeg

どこに行っても誰と話してもアニメかゲームの話。

まどマギ最新話リアルタイムで見た?なにこの超展開!!」みたいな会話を朝から繰り返す。

高校時代は流石にここまで酷くありませんでしたが、それでもうちの学校は中高一貫校だったので、着実にオタク友達と同じ価値観を共有させていったのです。

だから未だに中高以来の友人と会うと、びっくりするくらい話が合う。

同じアニメに嵌って、同じ声優に嵌って、一緒にライブへ繰り出す。

水瀬いのりのライブに行くのも、「ヤマノススメ」にはまって山登りをするのも、「響け!ユーフォニアム」の聖地で除夜の鐘を聞くのも

馬鹿なオタク活動は大体そっち関係の付き合い。

20170524142554585.jpeg

しかし、大学に入ってからできたオタクの友達とは全く話が合わず最初は戸惑いましたね。

ここまでも意見が違うものなのかと。

ただそれが原因で避けようとすること等は全くなく、むしろ彼らのオススメを聞いて自分も手を伸ばしてみると

そのように付き合っていくと話が楽しくなり、最近では大学のオタ友とアニメ談義をする方が多くなってきました。

そんな中、唯一「好みが合うなぁ~~」と感じるオタクとバイト先で知り合ったのですが

一見リア充っぽい雰囲気を醸し出したそいつは、P.A.や京アニの作品が好きだと、オタク歴3年ほどにして既に話しており

更に驚いたのが聖地巡礼にはまっていると言い出したのです。

鎌倉や金沢、宇治、西宮などを巡礼し、次は「ふらいんぐうぃっち」の聖地巡礼に行くため青森行きの航空券を手配したと。

そのまた次は「たまゆら」の竹原に行きたいとまで話し出すではありませんか。

20170524142921217.jpeg

なんて素晴らしいオタクなんだ・・・

この時点でそいつの意見にはすっかり信頼てしまって、「けものフレンズ」が面白いと言い出した時でさえ

僕はそれを許容し作品の悪口を書くのもやめてしまったほどです。

最近はまたオタクライブに嵌ったらしく、花澤香菜、東山奈央、早見沙織、大橋彩香あたりの話をしていたのですが

東山奈央の無銭ライブ今週土曜日西宮北口であるということを知り↓↓

20170524143143459.jpeg

これは行くしかないなっという結論に。

サークルもあったのですが途中でこっそり姿をくらまして行ってこようと思います!!

東山奈央の新曲はよ勉強せんとなぁ。

まぁあの声を生で聴けるだけで僕としては絶頂ものなのですがね。


201705241436560cd.jpeg

日記


昨日から久しぶりに学校生活に復帰しました。

5月病が治る気配もなく、だらだらと堕落した生活を送っていた僕に効き目のあった処方箋が「けいおん」という名作。

学園系の名作を見ると断然やる気が湧いてきますね。

オタクにとってアニメとは心の拠り所というか、魂の還る場所というか、

止めようにもやめられない“ずぶずぶの関係”であり、こんな感じでいつか脱オタできる日が来るのかと不安になるこの頃です・・・




話は変わりますが、(本当に唐突に変わる)ニコニコ動画で今伸びている良メドレーを見かけたので↓に貼っておきます



ニコニコ動画難民祭』というタイトルのこの動画は、広義の難民アニメのOP/EDを打ち込み音源で繋いだもので

この作品入れてくれるか~みたいな選出に興奮してしまいました。

ムービー付きなので、懐かしいアニメがお浚いできて、しみじみとした感傷に浸ることもできます。

そしてこの動画を見て思ったのが、昔の日常アニメに疎く、早く見直さなければいけないなぁ~ということ。

僕の日常アニメ嗜好は先天的なものでなく、後からついた経験的なものであり、

アニメを見始めて4~5年ほどはほとんど日常系を見ることがありませんでした。

あの『ご注文はうさぎですか?』すらアンチだった時期がありましたからね。

20170517145255be0.jpeg

当時はオタクとしてまだ未熟だったのだ・・・ 

どうやらアニメを見始めて一回り年をとると、日常アニメのような何事も起こらない平穏なストーリーが心に沁みるようになってくるようです。

人生に疲れたからでしょうか。

未だに日常系は嫌いだというオタクの方々はおそらく精神的にいつまでも健康でお若い方なのでしょう。

ということで、最近になってこのジャンルが好きになったわけですから、

過去の有名作品、『ひだまりスケッチ』、『ARIA』、『たまゆら』、『Aチャンネル』あたりを見れてなくて・・・

ほぼほぼ有名なアニメは見てきたつもりですが、過去の日常アニメだけ弱点であり、ここを突かれると途端に話せなくなります・・・

早いところ見直さないとなぁ(>_<)

201705171507056d3.jpeg

どれだけアニメを見ようとも、過去の作品すら見終えることがなく、そして同時進行で未視聴の話題作が追加されていって、

はたまた懸命にそれを潰していっても、一度見た作品の記憶がするすると抜け落ちて、再び見直す必要が出てくる。

この延々と続くアニメマスターへの階段に目眩がするような気にさえなります。

本当にいつの日かオタクを卒業できるでしょうか。30代40代になってもオタク棒を振っている大人にはなりたくないなぁ・・・

次の聖地巡礼先、決まる

前回の聖地巡礼は4/14に行った吉野(咲阿知賀編)で、キャラクターを合成したオリジナル聖地画像が完成しました↓↓

201705101310338e7.jpeg

小学生verのどっちの画質が悪く、仕上がりもよくありませんね。

体全体がはっきりと写っている画像があればください・・・

そして聖地巡礼まとめ記事も更新しておきました↓↓
http://pokemonmisaka.jp/blog-entry-684.html

次でもう14か所目の聖地巡りになるのか~~~~

聖地巡礼を専門科目としているオタクなのでもう少し数を増やしていきたいところですヽ( ´_`)丿

さて、吉野の次に計画している聖地巡礼なのですが、、、

けいおんの舞台に行ってこようと思います。

まだ日程は未定ですが、桜が丘女子高校のモデルとなった旧豊郷小学校が滋賀県に、その他の聖地が京都にあるので

別の日に分けて周っていきましょうかね。

豊郷小学校の方は、通学路等があるわけでもなく、その敷地だけが目的地なのでバイクで行ってみても良いかもしれません。

なぜ、けいおんを選んだのかというと、、、

一期を7年ぶりに見直したところ、言い表しようのない衝撃が脳髄に走ったからなのです。

思い出補正で神アニメ認定しているつもりだった「けいおん」を、今見直しても想像以上に面白いし、良くできている作品だということを改めて実感させられる。

そして放送当時本当にアニメを純粋に楽しめたあの気持ちも蘇ってきて、気が付けば二筋の涙が頬を伝っていました。

2017051014220107f.jpeg

けいおんについては二期まで見直した後じっくりと語りたいと思いますが、とりあえず聖地巡礼には行ってきたいと思います。

思い立ったが吉日、されどそこまで瞬発的な行動力もなく、多分5~6月の間どこかで巡礼して記事にするのでお楽しみに!
プロフィール

ミサカ☆

Author:ミサカ☆
出身:大阪
職業:大学生
趣味:アニメ/声優ライブ/デレステ/野球/バイク/旅行/山登り/ピアノ

とあるアニメの影響でバイクに山登りに趣味を広げつつあるオタクです。

好きなアニメ・・・P.A.&京アニ作品全般
推しの声優・・・水瀬いのり 小倉唯

アクセス数
・・
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

星に願いを・・・

~MATOのgdgdブログ戦線~

MyPACE(旧あきみずブログⅡ)

Feel My Soul

Aiuto!の穴

ポケモンにはまったCHAa3の「厨と言わないで!」

大安な生活

武士道とは・・・

カキさんの面白いものを探し隊

The Blind Side

オタク仲間を作り隊

香港で遊戯王をするツワモノ

誰が為に鍵は威張る

とびひざ外れるので重力してから打ちまーすwww

ストロベリーパーティー~ただしイケメンにかぎる~

こちらポケモン研究所 第一支部

気の向くままに~?

まひろくのだらだら日記!

ななはなの日常

宮廷アリス

ノワールのポケモンブログ

ぜっとん・ワールド

ゲーム好きらふぁの日々迷走ブログ

錐重が切り絵しておりますル

日和の日々

★ Supaku Blog ★

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

着々とポケモン日記

プレミはなかった

やってらんね~ぜっ

どうでも良い一日 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR