FC2ブログ

WELCOME TO とある廃人のゲーム日記!!~TOPページ~

ようこそ!! ブログ訪問ありがとうございます

ブロ友&相互リンク大歓迎!!

ブログ概要: アニメ 旅行 聖地巡礼 バイク 野球等々

このブログはブログ主が気まぐれに、思うがままにアニメや遊戯王に関することを書いていきます!!

色々な視野から語れたら良いなぁと思ってますので、記事へのご意見&批判などご気軽にコメントください^^

アニメ
一季少なくとも10作以上見てます!

聖地巡礼記事 まとめ ←更新日(H29 5/10)
個人的アニメランキング ←更新日(H29 5/7)
個人的キャラランキング ←更新日(H29 5/1)

野球
野球記事は主にプロ野球についてです~
巨人ファンなので巨人の記事が多め♪

2018秋アニメ 放送前予想


2017年秋アニメ放送前予想
2018年冬アニメ放送前予想
2018年春アニメ放送前予想
2018年夏アニメ放送前予想



まずは前期の放送前予想の反省から。

・・・

という導入で毎度始まりますが、今回は特に触れずに本編に入って行きたいと思います。

・・・

決して、あまりに予想外しすぎた事実から目を背けようとか、そういうわけではありませんよ?

決してね。



ランク付けのイメージ
→神アニメ候補
→良アニメ確定レベル、化ければ神アニメ
→上手くいけば良アニメ
→無難なレベルの作品
→糞アニメ候補






ソードアートオンライン アリシゼ―ション A
20180923165348355.png

SAOの第四部ストーリーでまさかの4クール放送
アニメで1期2期とやって映画やOVA等も含め、原作1-8巻をアニメ化してきたわけですが
このアリシゼ―ション編はなんと、原作の9-18巻に該当する、超長編大作らしいので期待してしまいます。
同じ深夜アニメを1年連続で視聴するという経験はおそらく誰もしたことない未知の領域なので、来年完走した際に、
僕達がどのような満足感を得ているのか、非常に楽しみですね





青春豚野郎はバニーガール先輩の夢を見ない B+
20180923165148720.jpeg

さくら荘作者の次作で、初巻が発売されてから4年を経て、まさに満を持して登場したかたちになります。
本屋の店頭で誰しも目にしたことあるビックタイトルで、今までアニメ化されていなかったのが不思議でなりません。

僕自身、ある人から小説を借りて読んだことがありますが、ラブコメラノベとして非常に逸脱です。
不可思議な現象で思い悩むヒロイン達と向き合い解決に導くというあらすじで、その話の構成を化物語に例える人もいますが
あながち間違ってはいないと思います。
ただし、話の中身は似ても非なるもので、
透明になって消えていく女の子や
自我が分裂してドッペルゲンガー現象を引き起こす女の子、
自身の強い想いにより同じ日を何度もループさせてしまう女の子や
他者を羨むあまりその人と体が入れ替わってしまう女の子など
どれも一度は見たことのあるような王道シナリオの設定から、作者がその特有の面白さを抽出し再構成させたストーリー
といった印象を僕は持っています。

まぁ兎にも角にも僕が好きな原作なので推していきますということで、
特に二人目の後輩ヒロインの話がめちゃすこなので、是非そこまでは視聴を続けて下さい。

またA-1picturesの新ブランドCloverWorksの1作目に持ってきた作品でもあるので、かなり気合を入れて作られていると思いますよ(^O^)/





とある魔術の禁書目録 B
20180923165149d75.jpeg

前期の放送から8年越しの3期アニメ化。
これに対して何の感慨も抱かない人はオタクじゃない。
やっぱりインデックスおもしれぇぇ~~と僕達を興奮させてくれたら一番なのですが、
思い出補正もあるので正直そこまでは期待しておらず、懐かしさを感じながらしみじみと視聴したいと思っています(-.-)





ゴブリンスレイヤー B
20180923165905a6e.jpeg

なろう小説の看板作品。
ゴブリンという雑魚キャラ扱いされる魔物に焦点を当て続け、話を広げるこの作品には
オリジナリティが十分に備わっていると考えられます。
そして非常に残酷な描写が多く、それが視聴者の心を揺さぶり、作品に惹きつける役割を果たす。
ゴブリンスレイヤーを制作するのは、うたわれるもの偽りの仮面のやリゼロを作ったWHITE FOXであり、
異世界モノを作るセンスもノウハウもある会社なので期待せざるを得ません。
キャスティングが非常に良いのでキャラの人気も出ることでしょう。





転生したらスライムだった件 
20180923165152ff0.jpeg

なろう看板作品の二本目。
売上ではゴブリンスレイヤーのその上を行きますが、この作品は大コケすると思います。
理由はpvを見た直感です笑 生理的に不快感を感じてしまいました。
主人公の行動原理に正義感のようなものがあるのも非常に嫌いで、更にはそれが
俺つえぇ×正義感×ハーレムという組み合わせになっていて、生理的嫌悪感に拍車がかかります。
僕は基本的に主人公が利己的だったり、クズだったりする方が、人間らしさを感じて好きなんですよね(^_^;)





うちのメイドがウザすぎる! 
201809231700083b4.jpeg
>ロシアの血を引く幼女とロリコン家政婦の日常を描いたコメディ作品。
漫画の評価は非常によく、制作会社も動画工房と外れるビジョンが存在しない。
一人の圧倒的に可愛い幼女の力で作品の話題性や評判が保たれる世の中ですからね。
ロリキャラを侮るなかれ。





やがて君になる 
2018092317001023b.jpeg

二人の女の子に焦点を当てた百合漫画原作。
百合アニメといえば何かとクレイジーな印象が付きまとい、僕自身あまり良く思っていないのですが
この作品は百合姫ではなく、あくまで電撃大王の作品なので、ヤバい百合ではないという話を聞きました。
繊細な心情描写による純愛ストーリーと評判も良く、更には宇宙よりも遠い場所ぶりの花田十輝脚本なので
ポテンシャルは十分にあるかと思われます。





SSSS.GRIDMAN D+
201809231700137d9.jpeg

TRIGGERのロボットアニメというだけでポテンシャルがあると認めなければなりません。
(ダリフラは残念でしたが)
PVも良さげで、ロボットアニメが嫌いな僕でも見ようかなと思えるくらい可愛い女の子もいたので、
もう少し評価を上げてもいいのですが、クソアニメ請負人内田真礼がEDを歌っていることもあり、
無難にこの辺りにしておきます。





となりの吸血鬼さん D+
201809231700111d0.jpeg

人外×ゆるゆり日常アニメ
先程も似たようなことを話しましたが、この手の作品はキャラ一人の可愛さで前予想をひっくり返すことができるので
常に注視しなければいけません。
Studio五組制作ということで、デフォルメ絵などがきんモザと被ります。
話の内容次第ではそこそこの戦力になりそうなですし、最初の1話だけでも見てみるのが良いと思います。





寄宿学校のジュリエット D
201809231700082db.jpeg

タイトル的にも絵的にも、全く見る気が起こらなくても良い感じなのに
何故か“切ってしまってはいけない”と心が叫びたがってるように感じました。
キャラが可愛いから?fripsideが歌うから?はねバドで波に乗っているライデンフィルムだから?漫画が意外にも売れてるから?
明確な根拠がないのですが、言い知れぬ違和感を感じてしまったので、この位置に置いておくことにします。





色づく世界の明日から 
20180923170840913.jpeg

P.A.が描く、オリジナルラブストーリー。
「凪のあすから」の篠原俊哉監督が紡ぐファンタジー、という宣伝文句がまず卑怯だ。
凪のあすから・RDGにしろよ、悪い部分隠してんじゃねぇ!って思ってしまいます。
そして元P.Aファンの僕からすれば、この会社のオリジナルアニメが当たるか否かの法則はもう分かっています。

一つ、脚本にまともな人材を起用すること。
二つ、背景作画という強みを活かすために、美術監督に東地和生を起用すること。
三つ、キャラクター原案に人気イラストレーターを起用すること。

一つ目の脚本だが、岡田磨里横手美智子あたりが務めることが良アニメの必要条件。
そしてP.A.最大の売りであった背景作画の美しさに、東地和生という存在はもはや必要十分条件。
更に、花咲くいろは→岸田メル 凪のあすから→ブリキ SHIROBAKO→ぽんかん⑧
というキャラ原案からするに、キャラクターへの愛着を感じさせるために、人気イラストレーターも必要不可欠。

過去のP.A.の名作には以上の全てが揃っていて、逆に駄作にはそのほとんどが備わっていません。
今回の色づく世界の明日からなど、一つの成功要件も満たしておらず、凪のあすからを宣伝に語る事すらおこがましい。
むしろ第二のグラスリップになり得る“逸材”として、行く末が非常に楽しみです。





RELEASE THE SPYCE 
201809231708423d6.jpeg

タカヒロが描く女の子×スパイストーリー。
結城友奈の時も思ったのですが、こいつは人気が出たテーマを後出しで、しかも薄っぺらくして出すことが多く
個人的に全く評価に値しない脚本家だと思います。
鬱シナリオを書いても中途半端で、虚淵の完全下位互換。
今回のRELEASE THE SPYCEは幸いにも、ゆりゆりのなもりさんがキャラ原案を務めるので
そちらの方面で需要が出る可能性あり。





アニマエール 
2018092317084357a.jpeg

動画工房ときららの組み合わせと言えど、PVを見る限る全くの無個性。
原作評判も無いに等しいこの作品が見れるレベルになっていたら、よっぽど動画工房が神だということですね。
日常アニメ枠としても、うちのメイドやとなりの吸血鬼さんがあるので、空気になる可能性が高そうです。





ゾンビランドサガ 
20180923170841af2.jpeg

ゾンビランド佐賀?
女の子達の日常にゾンビによるホーラーを持ち込んだオリジナルアニメ。
いまいちオーラに欠けるし見る必要はないかと思われます。
会社もMAPPAとかいうしょうもない所ですし。





ツルネ 
叛逆性ミリオンアーサー 
からくりサーカス 
あかねさす少女 
ソラとウミのあいだ 
CONCEPTION 
風が強く吹いている 
東京喰種 
異世界居酒屋 
ベルゼブブ嬢のお気に召すまま 
メルクストーリア 
ユリシーズ 
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 
RErideD 




来期は非常に珍しい事態が起きていて、

というのも上位予想5位までが全てラノベ原作、残りのC~D評価が漫画原作&オリジナルアニメという

極端なランキング構成になっています。

しかも、上位5位のラノベ原作を掘り下げると、1~3位が電撃文庫の独占状態になっていて

こんな状況を目の当たりにするのはいつ以来だ、10年前にタイムスリップしたか?って感じてしまいます。

ラノベブームの一時代を築いた電撃文庫、最後の輝きを見ることになるかもしれません。



そして4位と5位のなろう小説にも注目する必要があります。

最近何かと勢いのあるなろう小説の看板作品が二作もアニメ化されるということで、

どちらかは必ず当ててくると思います。来期一番の注目ポイントと言っても過言ではありません。



以上の5作に加えて、「うちのメイドがウザすぎる」と「となりの吸血鬼さん」はかなりの確率で当たりだと思うので、

日常アニメ好きはここを視聴ポートフォリオに組み入れることを推奨します。


更に制作会社のポテンシャル的に見て、TROYCAの「やがて君になる」とTRIGGERの「SSSS.GRIDMAN」辺りも

カバーしておいて損はないと思いますね。


ということで、僕は秋アニメはかなり厳選して少数精鋭で行く予定です!

上位アニメのレベルが非常に高い分、無駄にしょうもないアニメを見て、クール全体の満足感をぼやけさせたくないですし。

皆さんも来期という素晴らしいクールを存分に楽しめるよう、そろそろ視聴予定を組んでみてはいかがでしょうか?(*^。^*)

旅日記 関東遠征一回目


この夏は何度も何度も関東に足を運ぶことになるのですが、その一回目の記録を書き綴っていきたいと思います。


8/6(月)
昼過ぎの新幹線で東京に向かう。

20180917235648a75.jpeg


ちなみに今回の遠征は人生初のインターンが目的で、当然交通費も御社から頂戴します。

手配されていた浅草橋のホテルにチェックインを済ませ、前日入りした今日は自由ということで

東京の友人と飯を食べに池袋へ。


連れられてやってきたのは、少しお洒落で高級そうな『肉バル カッチャン』というお店。


酒と
20180918000330388.jpeg


サラダと
2018091800033238e.jpeg


肉寿司(写真は二人前)
20180918000325311.jpeg



そして

牛タン
201809180003324cf.jpeg


これで一人当たりの会計5000円ほどだった。うん、高い。

肉寿司のクオリティはかなり高く、舌で溶けるような上質な肉の美味しさを米が引き留めるような感覚。

一方牛タンに関しては、まぁまぁかなって感想しか湧かなかったですね。


というわけで、東京入り初日から散財していしまいましたが、、

まぁ交通費宿泊費ただなので問題ないよね。






8/7(火)~8/10(金)

とうとうインターンが始まる。

金融系の営業職。

内容は特に無いようなので割愛。

→8/10(金)の晩、インターン終了後、荻窪にあるスーパー銭湯“なごみの湯”で一泊する。

僕のイチオシ東京宿泊施設なので、いずれこの施設の素晴らしさについて語る場を設けたい。




8/11(土)

インターンが終わった翌日、関東での滞在期間を延ばし、この日は栃木に遊びに行こうと思います。

初日肉バルに行った友人をもう一度召喚し、レンタカーを借りて日光を目指します。


朝8時に出発しましたが、帰省ラッシュに重なり、日光になかなか辿りつかず・・・・・・

途中のPAで飯(地元野菜の蕎麦)休憩をはさみ、

201809180039331df.jpeg


13時過ぎにようやく到着。


日光の社寺」は世界遺産にも登録されるだけあって、多くの観光客で賑わっていました。

20180918004307e07.jpeg

その敷地は意外にも広く、見所が多い神社なので、簡単に紹介していきますね。


苔の生えた灯篭と五重塔

20180918004618543.jpeg



日光はそれほど湿った気候でもないでしょうに、至る所に苔が茂っていて雰囲気があります。

20180918005249e29.jpeg


20180918005249646.jpeg


201809180052508d9.jpeg


入り口の表門↓↓

2018091800545382c.jpeg


ここまできてようやく拝観料をとられる。値段は1300円と少し高め。

表門をくぐると、すぐに有名な三猿の彫刻を見ることが出来ます。

あの有名な、“見ざる、言わざる、聞かざる” のやつですね。

201809180056336ac.jpeg


この言葉はというと、悪いモノを子供に触れさせないという躾 を表しているそうです。


(自分に都合の悪いことには目を伏せるし、言及しようともしないし、耳にも蓋をするという、

クズ人間を表しているのかと思っていましたが違いましたw)



さて、それではいよいよ本殿の方に向かっていきます!!

20180918005454332.jpeg


本殿の前に立ちふさがる陽明門

20180918010200282.jpeg

白基調に金の装飾と、京都等で見る寺社とは一味違ったデザインになっている気がします。

細かい部分まで精緻に作り込まれていて、ずっと見ていられますね。


この門ですが44年かけて行われた大規模な修理が、つい昨年完了したところのようで

丁度良い時期に来ることができ非常に運が良い。


本殿の前には更にもう一つ、「唐門」が構えていて、これも国宝であると・・・

20180918010211e5e.jpeg

本当に国宝のオンパレードだ。なかなかやるなぁ世界遺産10号は。


本殿の端、家康の眠る墓へ向かうと、これも有名な「眠り猫」を見ることができます。

20180918010208e68.jpeg


猫も眠っていられるほど平穏な世の中 を願って作られたそう。


以上の見所は、日光東照宮の中でも特に有名な所だけ拾っているので、

興味のある方は、是非実物を見に行ってみてください~


最後にこの日は“山の日”ということもあって、奥宮へ通ずる坂を登って、疑似山登りもやっときました。

20180918011356f6e.jpeg

201809180113560bc.jpeg

皆さん、折角できた山の日に登山しないのは非国民同然ですよ!

という冗談はさておき、第一回目山の日を思い出してみると・・・・・・

今回共に日光で遊んでいる友人Nと

DSC_0989_convert_20180918012231.jpg

山登りをしていた記録が残っているので

ヤマノススメという洗練された教育を受けてる僕達は、やはり一味違うなぁと感じてしまいました。





その後日光から車を走らせて、華厳の滝へ。

この滝は那智の滝袋田の滝と共に、三大瀑布の一つに数えられていて

実際の迫力も流石といったところ。


201809181333313d2.jpeg


滝を一望できる展望デッキには有料のエレベータで行けます。

自然の中というより観光地が進んでいる印象で、以前訪れたことのある那智の滝とは趣向が全く異なりますね。


(初めて動画差し込み機能を試用してみた)



単純な規模と迫力では華厳

20180918133333dcd.jpeg


周囲の寺社も含めた荘厳な空気感では那智

20180918135256940.jpeg


というイメージで良いと思いますb


残る袋田の滝も回収して、三大瀑布制覇を目指したいですが、

茨城県な~んもねぇからなぁ・・・

大洗のついでにねじ込むしか無さそうですね(^_^;)


そんなことを考えながら、牛乳を飲んで一息休憩。

20180918133335955.jpeg


袋田の滝のすぐ上が中禅寺湖になっていて、この後そこにも足を運ぶ予定ですが

小腹が空いたので、屋外の売店にて、郷土料理のすいとんを食べることにします。

20180918133335607.jpeg

350円でこの量ははっきり言って異常だ。

この料理の起源は、食欲がなくなる病に伏した姫様が、夢枕にて祈祷しなさいとのお告げを受け

日蓮上人のお題目に祈祷したところ、お供えの物を食べたいとか言いだして、米で作った団子を食べた
ことが始まりと言われています。


というわけで、拒食症の姫が好んだ料理を食べて元気だ出た気がするので、

華厳の滝から5分程歩き、中禅寺湖に移動↓↓

20180918140526bfb.jpeg

紅葉シーズンになるとめちゃくちゃ混雑する中禅寺湖ですが

夏だとそこまで観光客も多くなく、穏やかな雰囲気の中、凪の湖を眺めて心をなごますことができます。

20180918140528b69.jpeg

20180918140527aa1.jpeg


6月辺りからずっと忙しい日常が続いていましたが、ようやく“夏休みが始まったんだ”ってな感じで

人生で残された夏休みもあと二回ですし

悔いの無いよう楽しもうなんて考えながら、しみじみと物思いに耽溺した後、中禅寺湖を後にしました。

20180918140529f96.jpeg





帰りはドライバー交代、わたくしミサカ☆が自動車免許取得後初ドライブを務めることになり

しかもそれがいろは坂の下りということで

201809181410447bc.jpeg

手に嫌な汗を滲ませながら、必至にヘアピンカーブを曲がり切って帰還しました。

オーバースピードなのかタイヤから嫌な音が鳴っていて、助手席の友人は苦笑いしていましたとさ。
(↑↑あえて人を苦境に陥れる鬼畜)






そんなわけで今回の関東遠征は、インターン×日帰り栃木旅という内容でした(-.-)

今回といったからには次回もあります。

予め申しますと、5回まであります笑

全てを記事に起こすかは分かりませんが、自分の旅日記としての役割もあるので

なるべく文章として残しておきたいんですよね~~

興味のない方も、もう少しお付き合いさせてしまうことになるかもしれませんが

どうぞ宜しくお願いします(ー_ー)!! 

【ブログ再開します】旅日記


久しぶりの更新です。

ここ二カ月ほど、期末レポートやESを書くのに追われ、文書作成に嫌気がさしていたので

ブログを書く気にもなれませんでした。

ようやくその地獄から解放され一息つけましたし、再びブログを書く習慣を復活させたいと思います。




アニメについて話したいことも山ほどありますが、まずは溜めている旅日記から消化していきます。


7/1(日) 

快晴、猛暑の休日、突如思い立って友人と日帰り浜松旅行を決行することに。

20180826183851ba6.jpeg

浜松といえばそれなりの遠さに感じるかもしれませんが

車やバイクを使えば、余裕の日帰り圏内です。

20180826184029c50.jpeg

朝9:00出発というスロースタートでも、12:00過ぎには浜名湖まで着いてしまいますから。

一度“ガチ”の限界日帰りツーリング試してみたいんですけどね~

東は沼津、西は広島辺りが限界ラインでしょうか。。


浜名湖SAはかなり賑わったサービスエリアで、広場のような場所から湖を一望できます↓↓

201808261838522cd.jpeg

SAの中にも関わらず、船が出ていて湖を周遊できるという変わったサービスもあり面白い。

201808261843078cd.jpeg

「湖上から風光明媚な景色を楽しめます」と宣伝しているが、、、

流石に風光明媚は言い過ぎだと思います。


そんなことより、この場所は

20180826184401d0a.jpeg

咲-阿知賀編-にて、千里山と阿知賀が初めて出会った場所として、あまりに有名。

サービスエリアといえど馬鹿に出来ない、それが浜名湖SAでした。






今回浜松にやってきた目的は二つ

一つ目は、鰻を食べること。

二つ目は、博物館を見学すること。


浜松は多くの産業の生誕地として、航空機・楽器・自動車・オートバイ・オルゴール・鉄道など

様々な博物館があり、訪れるだけで学を身に付けられる場所です。

何かしらの個人的関心と一致する博物館があれば、是非訪れてみて下さい。


そして僕達はまず一つ目の目的を果たすべく、「うな炭亭」という鰻料理専門店にやってきました。

2018082618412327b.jpeg

浜名湖周辺の有名店は当日入荷分が売切れたら営業を終えるので、予約は必須ですね。

20180826184123ebe.jpeg

浜松まで簡単にやって来ましたが、高速代と燃費を考えれば往復で1万は超えます。

それだけ費やして来ては3000円の鰻を食べました、で帰れますか?逆に勿体ないでしょう!

この時、品書きの最高値メニューを指差すのにそう時間はかかりませんでした。

うな重特々上¥5300
20180826184308185.jpeg
2018082618430923a.jpeg

鰻が二重に乗ってる光景、僕は人生で後何度見ることになるのでしょうか。

鰻が絶滅した将来、「懐かしき美味かりけるや鰻をば童どもは知らざらんかし」と詠って老後を送るのが僕の夢。


味の方は非常に脂がのっていて、一言で表現すると美味い。

個人的好みもあるでしょうが、半年前四万十で食べた鰻よりも脂っこくて食べ応えがあって好きですね。

(↓四万十鰻↓)
20180826184623940.jpeg

ちなみに天然鰻も食べたこともありますが、あれは微妙ですね。

川魚の味がする。

鰻を食べに行ったら絶対“養殖”を注文することを推奨します。





料理処から10分程バイクを走らせ、やってきましたスズキ歴史館

スズキ製しか停めることのできない駐車場にバイクを停め、いざ見学に。

20180826184818f99.jpeg

受付の横に展示されるのは、“刀1100”!!

2018082618482195b.jpeg

現役ライダーが乗ってみたい旧車ランキング1位であるところの、カタナ1100実物見てもかっこよすぎる。

我慢できず跨ってみたらめっちゃ子供に見られた。

201808261848172ad.jpeg

カタナ400で博物館まで乗ってきて、

この1100に試乗してみると、いっそうポジショニングの違いが分かって面白い。。

将来的に乗りたい一台ですなぁ。


そして入館料を払い館内を見学していきます。

2018082618482302f.jpeg


20180826184819e6c.jpeg


一階は現行のバイク&車を中心に展示していて

二階からは戦略・企画・研究・開発・生産について学べるコーナー。

20180826185203e1f.jpeg

実はこのコーナーが一番見たかった所。

というのも、この夏から自動車関連の会社のインターンを多く受けていて

選考のESや面接、グループワークで話す内容のイメージをしておきたかったんですよね。

それで内容が最も充実している博物館と評判の、スズキ歴史館に足を運んだわけです。

20180826185157e5c.jpeg


20180826185201ebf.jpeg


201808261852048b2.jpeg


201808261854376f4.jpeg


2018082618520479f.jpeg

201808261854391ec.jpeg


20180826185440922.jpeg


201808261852047d3.jpeg


詳しい話は敢えてしませんが、興味のある人はスズキ歴史館、本当に学べることが多いのでオススメです。

現行車の開発の裏側は勿論、現在開発中の次世代電気自動車のモデルも見学↓↓

20180826185716772.jpeg


20180826185807467.jpeg

指紋認証のドアロックやタッチパネル中心の車内操作など、未来的だが現実感のある車を見ることができました。

(プチ感想↓省略推奨)

スズキの経営戦略は調べれば調べるほど、合理的で優れていることが分かります。

車ならスイフトスポーツやクロスビー、ジムニー等

バイクなら隼、GSR、ジクサーといったところでしょうか。

他社が蔑ろにしているセグメントを上手く拾うニッチ戦略をとり、性能やコストで差別化するのが本当に上手い。

それでいて消費者のニーズを踏み外すことがないから、インドのシェアで一位の座を築けたりもする。

バイクでも今の若者、隼・GSR・ジクサーめちゃくちゃ乗っている人多いですよね。

扱いやすく、コストが安い。更にはGSRは排気量の割に車体を大きく見せる、隼はSSが持ち得ない長距離性能を引き出すなど

他社製品が惜しくも手の届かない部分にしっかり対応しているように見受けられます。


そのような有能さが昨年、株価6割上昇という飛躍を可能にしたのでしょう。




そして最後に三階には

過去に生産されたバイクと車が、時系列順に展示されています。

20180826185719088.jpeg


2018082618571819b.jpeg


20180826185719c6e.jpeg


20180826190143f67.jpeg


カタナが生まれる前の迷走したモデル、かっこ悪くて笑う↓↓

201808261901510e0.jpeg

201808261902057b3.jpeg

20180826190203578.jpeg

ばくおんで散々馬鹿にされていた伝説のバイクも拝めて、感無量!

2018082619020508d.jpeg

正面が鳥居、側面が東京タワーのイメージで作られたらしいですよ(笑)


みたいな感じで、スズキ歴史館はただ過去の製品を展示するだけではなく、

会社の歴史や経営の裏側を少しでも理解して貰おうと、創意工夫して展示を行っている素晴らしい博物館でした。


最後に本社の前で記念撮影して、この場所を後にします。非常に満足のいく時間を過ごすことが出来ました。
201808261903503c3.jpeg




あまりにスズキ歴史館のクオリティが高かったので、後に行く予定だったヤマハは割愛。

浜名湖近隣の温泉施設で休憩することに↓↓

2018082619052793d.jpeg
 
サウナと水風呂を交互に入って、日ごろの疲労を飛ばしたら、次はお腹が減ってきたので

夜飯を食べに向かいます。

やってきたのは「炭焼きレストランさわやか

静岡県にしかないファミレスで、そこで食べられる“げんこつハンバーグ”は超有名(らしい)(友人が教えてくれて初めて知った)

20180826190616f9b.jpeg

普段から行列ができ、GWには498分待ちの伝説を作ったお店。

まさに静岡のディズニーランド!!


さて高まる胸の高まりを抑えて、ようやくありつけた絶品料理に舌鼓をうちましょう。

20180826190657d3f.jpeg

「っ!?」

20180826190351d69.jpeg

レアきたこれぇ。

20180826190352cb0.jpeg

牛肉100%、レアハンバーグが美味くない訳がない。

加工工場が近い場所でしか出品できない幻の一品。

ジューシーな肉の味をどこまでも堪能できるこのハンバーグ、250gで1000円ちょい。安い、安すぎる。


てなわけで、次また静岡きた時も必ず「さわやか」のハンバーグは食べたいですね(*^_^*)





以上が今旅の記事になります。

途中真面目な話になり、読み辛かったかもしれません(^_^;)

まだ幾つか溜めてる内容があったり、明日からも東京入りして色々ネタが増えていくと思うので

3~4日に一回ペースで更新していきたいですね。

まぁこう言って出来た試しがないのはご愛嬌ということで。

それではまた次回に!

2018年 夏アニメ 放送前予想

2017年夏アニメ放送前予想
2017年秋アニメ放送前予想
2018年冬アニメ放送前予想
2018年春アニメ放送前予想



まずは前期の放送前予想の反省から。

春アニメの放送前予想では、上から順に

「ガンゲイル」、「シュタゲゼロ」、「こみっくがーるず」、「食戟のソーマ」、「ヒナまつり」、「多田恋」、「ウマ娘」

と手堅い並びにしたつもりでしたが

大体予想通りの結果になりましたね!

強いて言えば『ウマ娘』の評判が想像以上に良いくらいですが、この作品は一身上の都合で見ていないので何とも言えません(^_^;)

評価に値する点は、上位予想に一作たりとも“糞アニメ”を混入させなかった点。

前予想のおかげで、大量発生した駄作を一切掴まず乗り切ったのは、個人的に誇れる部分かと思ってます。


ということで今期も張り切って予想していきますが、多少攻め気味の選出でいきますよ。


ランク付けのイメージ
→神アニメ候補
→良アニメ確定レベル、化ければ神アニメ
→上手くいけば良アニメ
→無難なレベルの作品
→糞アニメ候補






ヤマノススメ B+
20180703210014fe7.png

今期のトップ予想はヤマノススメ、これは、これだけは譲れない。逆に言えば安定して85点(my採点)ほどの面白さを見込めるヤマノススメ以上の作品は、夏アニメには存在しないでしょう。
オタクの僕を家の外の世界に連れ出してくれたヤマノススメは、誰にでも見て貰いたい作品。
唯一の心配要素はキャラデザが変更されたことですが、そんな些細なことでこの作品の勝利は揺るぎません。





ISLAND 
20180703212451555.png

エロゲのアニメ化だけは信用するな」と口酸っぱく言ってきましたが、この作品は思い切って二位予想で行かせて貰います。原作評判が異様に高い、高すぎると言っても良いくらい。
特にシナリオに対する評価は確実であり、アニメスタッフ陣のベテラン重用傾向からしても、それは活かされるのではないかと思います。
グリザイアと同会社が出す、タイムループ系のファンタジーと聞くと本当に期待してしまう。
エロゲのアニメ化が成功しない最大の理由は、糞みたいな制作会社を元請にしているからと考えているのですが、今回の『ISLAND』はfeel.なので心配ありません。
feelは信用に足る会社ですよ。作品履歴を見れば分かると思いますが、堅実に伸びてきてる制作会社なので。
201807032136284d1.png





少女☆歌劇 レヴュースタァライトC+
20180703213757bdb.png

三位予想はちょっとチャレンジ精神を出して、少女歌劇とかいう作品を推してみることにしますw
最近流行のメディアミックス作品ということで、アプリゲームと時期を合わせてアニメ放送を開始するみたいですね。
バンドリや刀使ノ巫女と全く同じ感じです。
声優ライブの企画も大きく動いていて、ブシロードのバックアップも受けた大規模展開が予想されます。

正直この作品に、僕はかなりのロマンを感じてます。
大きく当たるか外れるかのどちらかでしょう。
内容はイマイチ掴み切れていませんが、アニメのキャラデザもゲームのキャラデザもかなり良いです。
制作会社はキネマシトラスで、去年の夏にも当たり作を輩出しているのもポジ要素か。
20180703213538b32.jpeg
20180703213539c9e.jpeg





はるかなレシーブ C+
20180703212602e45.png

四位予想はきらら作品の『はるかなレシーブ』。
この作品を予想する上で注意すべき点は
・きららフォワード系であること
・制作会社はc2cであること(制作元請ほぼ一作目のような無名会社)


ただきらら作品だけは『ゆるキャン△』や『こみっくがーるず』のように、無名会社でも面白い作品を作れる傾向にあるので、PVを見た上で判断しました。
変な話、夏という季節に沖縄が舞台の女の子しか出ないビーチバレーアニメを出す時点で、企画の勝利って感じだ。





はねバド! 
20180703214025996.jpeg

この作品の予想は非常に難しいと思います。
原作評判はあまり良くない印象ですが、人によっては高評価を付ける人もいて、正直掴めません。

内容は暗い感じで、キャラに魅力があるシナリオ展開はありきたり、という原作組の感想をどう判断するかが難しいところ。
PVを見たところ作画レベルが高く、音楽などにも非常にセンスが感じられる一方で、制作会社がライデンフィルムというのを見ると信頼しきれない。迷った結果、無難にC評価でお茶を濁すことにします(^_^;)





天狼シリウス 
20180703212603952.jpeg

この作品、パッと見の印象で制作会社が分かる人はいるでしょうか。
ボンズ?いいえ違います。P.A.制作オリジナルアニメになります。
スタッフ陣からしてもかつての面影のない一新された構成で、多少の寂しさも感じますが、、
それでもPVを見ると新たな可能性を感じられるような作画で興味を惹かれました。

天狼に対する最大の関心事項はターゲットを女オタクにしているのか、そうでないのか。
血界戦線のような作品だったら、僕はもう、P.A.の作品を一生応援しないでしょう。
もしそうでないのなら、もう一度応援できるかもしれない。





オーバーロードⅢ 
20180703212603588.jpeg

続編なので特に言う事なし。





進撃の巨人Season3 
20180703212951cdc.jpeg

続編なので特に言う事なし。前期みたいに無駄に引っ張る雰囲気だけは出さないで欲しい。





はたらく細胞 D+
20180703212953939.jpeg

原作評判が非常に良い。漫画としての面白さと教養の付く内容を両立させた作品らしいです。
テーマ的には限界があるでしょうし、高望みせず、そこそこ面白い“繋ぎ”の役割を期待します。





ぐらんぶる 
20180703212954b7b.jpeg

バカテスの作者が描く青春活劇ということで、原作評判も良く期待できる。
男ばかり出てくる中で、少人数の女キャラを際立たせるのか、あるいはそうでなくてもギャグのキレが良いのか、どちらかあれば見れる作品になりますね。ちなみに制作元請のゼロジーは無名会社です。





ちおちゃんの通学路 
20180703212955504.jpeg

今期はギャグ系が多めですね。その中でも一番クセが強そうなのがこの作品。
ノリはポプテピピックに近いイメージ。
原作評判の高さから一躍話題作になる可能性も秘めていると思います。





あそびあそばせ 
20180703213038ca3.jpeg

岸誠二×ラルケ、あまりに無難な制作陣で、原作評判も無難に良い感じ。
絵柄に反してギャグ特化の内容らしく、PVを見る限りではそれが“寒い”ように見えてしまった。





殺戮の天使 
20180703213146b56.jpeg

テーマ的に興味をそそられる作品ですが、フリーゲーム発のコンテンツで不確定要素が多い。
スタッフ陣の経歴も良いとは言えず、1~3話視聴組の評価が出そろうまで“待ち”で良さそう。





七星のスバル 
20180703213353575.jpeg

それなりのラノベアニメを仕上げる制作会社「ラルケ」×それなりラノベ作品である「七星のスバル」。
ワンチャンスくらいはありそう。
ただ原作設定は既視感しかないMMORPGで、中高生向け作品にしかなり得ないと思います。





すのはら荘の管理人さん 
20180703213353a18.jpeg

“おねショタ”という人の性癖をついた、それだけの作品。
SILVERLINKですし見れる作品には仕上がるでしょう。僕は見ませんが。





ゆらぎ荘の幽奈さん 
20180703213352d0a.jpeg

〇〇荘二作品目!こちらも性欲に忠実な作品で、新妹魔王とかハイスクールD×DみたいなイメージのPVでしたね。全く興味がないので0話切り。





Dies irae 
じょしおちっ! 
つくもがみ貸します 
悪偶-天才人形- 
千銃士 
Back street Girls 
ありゾンビの少女の災難 
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 
音楽少女 
百錬の覇王と聖約の戦乙女 
邪神ちゃんドロップキック 
Phantom in the Twillight 
京都寺町三条のホームズ 
ハイスコアガール 
ハッピーシュガーライフ 
ありすorありす 




夏アニメはクール全体で見れば、豊作でも不作でもない、並み程度のクールという位置づけが正しいでしょうね。

2クール目のシュタゲゼロを加えて、ヤマノススメ進撃の巨人オバロと安心できる続編が最低数あるのは大きいです。


新アニメとしては、ISLANDはるかなレシーブを開幕スタメンに添えて

少女歌劇天狼シリウスあたりの期待値の分散が大きい作品が頭角を現すのを待つ感じでしょうか。

あとは、はたらく細胞ぐらんぶるちおちゃんの通学路あそびあそばせ辺りから1~2作品好みで視聴すれば

来期のラインナップは完璧ですね!


夏アニメを凶作と見なす人も多いですが、組み方次第で何とでもなると思いますよ。

切るカードが無かった春アニメとは比べものにならない程恵まれたクールでしょう(*^_^*)

学生でも車が買いたい!


バイトも学校もない一日を手に入れたのに、何をするでもなく深夜を迎えてしまったどうもミサカ☆です。

無意味に無駄な時間を過ごし、やっちまったなぁと思いながら深夜パソコンを開きブログを書きはじめる、これもまた一興でしょう。

そう考えると、「もし今日が人生最後の日だったら、僕は今からすることを“したい”と思うだろうか?」

というジョブズの与えた強迫観念に囚われて生きている人は、息のつまるような日々を送っているように感じてしまいます。

そんなわけで僕はこうして何の生産性もない記事を書き始めるのです。今日の話題は“車”について。



先日、“学生のうちに車を買う計画”が始動しました。

どうしてもマイカーを持ちたいんですよね。

欲しい車を挙げれば(値段的に)キリがないのですが、現実的な価格帯で僕の琴線に触れる顔をした車が↓の

20180605010009046.jpeg

180SX 日産ワンエイティエスエックス

ライトの開くリトラクタブルが個人的に“超”が付く程の推しメンで、他にもマツダのRX7等がそれに当たるのですが値段的に高嶺の花。

このワンエイティは中古価格で70~100万程とまぁお手頃価格。

大抵の人は5年程でローンを組むので、だいたい月2万程で買えちゃうことになります。



ただ・・・車を買うのは維持費を見とかなきゃ即破産するんですよね。

①保険代(自賠責+任意+車両)
②自動車税
③駐車場代
④車検費用
⑤消耗品



普通なら月8万円ほどで何とかやりくりできる感じになるようですが、

僕の月収はお恥ずかしながら8~9万円ほど。

貯金も更にお恥ずかしながら10万程度しかありません。

他にもお金のかかるバイクちゃんを所有しています。


ですので、正直すぐに車を購入するなんて話にならないレベルです。



そこで一年ほどかけて50万円ほどの貯金を用意した上で、ローンを組んで車を買う!

という目標を立てて頑張ることにしました^^;

あくまで目標なんで実現するかは分からないですが・・・



車を買う計画の第一段階は、実はクリアしていて、それは“親の承諾を得る”なんですよね。

バイクに乗る時は親の承諾問題で躓き、1年ほどの期間を要してしまったわけで・・・


今回も恐る恐る「車買いたいんだけど・・・」と相談してみたら、こちらは「ええやん」みたいなノリで快諾。

母親も父親も20歳くらいからAE86に乗って峠走っていた人だから、車にだけは物凄く寛容でした。

201806050122354e7.jpeg



特に父親はつい数年前までレースに出ていた程の車好きなんで、ここのバックアップを得られるかどうかは極めて重要なポイント。

僕が購入を希望している180SX1990年代の古い車なので、車体を選ぶ目利きがいないと計画は頓挫したも同然です。



そういう意味で父親が割とこの話に乗ってきてくれたのは幸先良いなと。

知り合いに車関係の仕事をしている方も多く、バイクの件でも色々とお世話になっているので

車についても助言を賜りながら何とか購入にこぎつけたいところです。

20180605013207527.jpeg




さて、1年と言わず半年で50万貯めれたら・・・・その瞬間買うぞ、マイカー。



阪大みたいなガラパゴスに閉じこもっていたら気づきませんが、

辺境に立地する専門学校だったり、私立大学だったりの学生は普通にマイカー通学決めてますからね。



「学生は車を持てない」なんて凝り固まった先入観を打破しろ、180SXが僕を呼んでいる。

【神回】 シュタインズゲートゼロ8話二律背反のデュアル 考察



シュタゲゼロの最新話があまりに面白かったので、その考察的なものを書きます(^^♪

まずは状況を分かりやすくする為に、世界線についてのおさらいからやっておきます


α世界線:まゆしぃが死ぬ世界線

β世界線:紅莉栖が死ぬ世界線 (シュタインズゲートゼロのシナリオ)

シュタインズゲート世界線:両方救えるハッピーエンド 


zu.png

図に示した通り、

β世界線→α世界線→β世界線というのがややこしいところ。

元の世界はαではなくβですからね・・・



最初の分岐(βα)はなぜ発生したかというと

〇タイムマシン(電話レンジ)の発明

が原因でした。「紅莉栖が刺された」ということを送信することで、過去が改変され世界線が変わったのです。



しかしα世界線ではまゆりが必ず死んでしまうという事実が分かり、岡部は苦悩する。

α世界線を何度も繰り返すがまゆしぃの死は避けられず

β世界線に戻ろうとすれば紅莉栖が死んでしまうパラドックスに突き当たる。



岡部は最終的にどうしたか。

本編22話を思い出してもらえば分かるのですが、紅莉栖を見捨ててβ世界線に戻ることにした。

一番大切な人を諦めたんです。紅莉栖自身に説得されて。

20180531112547e08.jpeg



ところが岡部がβ世界線に戻る瞬間、もうお別れしたはずの紅莉栖が戻ってきててしまう。

「岡部!私も・・・」

のところでタイムループし、世界線を移行するという話でしたね。

なんと切なく胸が締め付けられるような別れなのでしょう。

20180531112548ebd.jpeg

201805311125509d1.jpeg



本編を見ていた時はこれを演出としてしか見ていませんでした。

しかしこうとも思いませんか? 

“もし”タイムマシンを起動する前に紅莉栖が戻ってきてしまっていたら・・・

岡部は未練を断ち切ることが出来たのか??


答えは


最愛の女の子紅莉栖を選択しα世界線に留まってしまった、それがシュタゲゼロ8話のシナリオなのです。


紅莉栖は自分が戻ったせいで岡部を引き留めてしまったという後悔があったんでしょうね。

だから「ハイルナ」というメールを過去の自分に送らせた。


「ハイルナ」というメールにより、紅莉栖がラボに戻る時間が僅かに遅れ、

「岡部!私も・・・」のストーリーに収束すると。

201805311138361ba.jpeg

2018053111383560a.jpeg


これに関しては“伏線“というより“後付け”で思いついた話だと思うのですが

シュタゲの神がかり的なシナリオ構成を思い出し涙が出ましたよ・・・

今回の話はどうやらアニオリ回らしく、既に色んな所で絶賛の嵐が起きてますね。



やっぱりシュタゲがナンバーワンだな。

これを超えるストーリーを持つアニメは未来永劫でてこないでしょう!


201805311140336f3.jpeg
プロフィール

ミサカ☆

Author:ミサカ☆
出身:大阪
職業:大学生
趣味:アニメ/声優ライブ/デレステ/野球/バイク/旅行/山登り/ピアノ

とあるアニメの影響でバイクに山登りに趣味を広げつつあるオタクです。

好きなアニメ・・・P.A.&京アニ作品全般
推しの声優・・・水瀬いのり 小倉唯

アクセス数
・・
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
リンク
ブロとも一覧

星に願いを・・・

~MATOのgdgdブログ戦線~

MyPACE(旧あきみずブログⅡ)

Feel My Soul

Aiuto!の穴

ポケモンにはまったCHAa3の「厨と言わないで!」

大安な生活

武士道とは・・・

カキさんの面白いものを探し隊

The Blind Side

オタク仲間を作り隊

香港で遊戯王をするツワモノ

誰が為に鍵は威張る

とびひざ外れるので重力してから打ちまーすwww

ストロベリーパーティー~ただしイケメンにかぎる~

こちらポケモン研究所 第一支部

気の向くままに~?

まひろくのだらだら日記!

ななはなの日常

宮廷アリス

ノワールのメモ書き

ぜっとん・ワールド

ゲーム好きらふぁの日々迷走ブログ

錐重が切り絵しておりますル

日和の日々

★ Supaku Blog ★

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

着々とポケモン日記

プレミはなかった

やってらんね~ぜっ

どうでも良い一日 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR